「仮面ライダー電王」10年ぶり新作より“プリティ電王”お披露目 「東映まんがまつり」公開初日記念

113

2020年08月14日 18:53  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真『仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう!』(C)石森プロ・東映(C)2020 東映まんがまつり製作委員会
『仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう!』(C)石森プロ・東映(C)2020 東映まんがまつり製作委員会
「東映まんがまつり」内の1本で、10年ぶりの新たな『仮面ライダー電王』シリーズにあたる『仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう!』より、8月14日の公開初日を記念して“プリティ電王”の姿がお披露目となった。



『仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう!』は、ママとケンカして家を飛び出した10歳の少女アンナが、なぜかショッカーたちに追われたことをきっかけに時を超える列車デンライナーに乗車。降りた先の過去の世界――平成元年で、モモタロスや同い年の少女・メロンたちと大冒険を繰り広げるという物語だ。

“プリティ電王”は、平成元年に降り立ったアンナがモモタロスやメロンたちと一緒に行動していると、イカデビルやショッカー戦闘員にメロンが襲われる事態に遭遇。メロンを助けたいという気持ちになったアンナに、モモタロスが憑依した姿だ。
女の子の電王だけに、頭や胸にリボンがあしらわれ、腰と袖にはフリルのついたプリティなかわいい見た目となっている。



あわせて、モモタロスに憑依されプリティ電王に変身する前のアンナの姿も公開された。
普段は大人しそうなアンナだが、“最初から最後までクライマックス”なモモタロスに憑依されると、前髪をあげていつでも戦闘態勢に入れそうな姿になるようだ。変身するフォーム、そしてプリティ電王とアンナの活躍をぜひ劇場で見届けたい。

『仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう!』は、『映画 おしりたんてい テントウムシいせきの なぞ』『映画 ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 つりたい焼き』『りさいくるずー まもれ!もくようびは資源ごみの日』との同時上映で、8月14日より「東映まんがまつり」として公開中だ。

『仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう!』
アンナ:高尾日歌
メロン:佐々木告
ナオミ:秋山莉奈
マイ(アンナのママ):乙葉
仮面ライダー電王/プリティ電王:(声)関俊彦
モモタロス:(声)関俊彦
ウラタロス:(声)遊佐浩二
キンタロス:(声)てらそままさき
リュウタロス:(声)鈴村健一
(C)石森プロ・東映(C)2020 東映まんがまつり製作委員会

このニュースに関するつぶやき

  • ライダーものは全て見てるが、電王そんなに面白かったか? 佐藤健もそこまでカッコいいか? るろうには駄作だったけど… ここまで人気なのがわからん。 ネタとして使いやすいのか?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • この場を借りて、関俊彦さんご退院おめdとうございます。
    • イイネ!42
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(54件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定