押井守が幼少期から現在までのエンタメ遍歴を語り尽くす新連載、TVBros. note版で

0

2020年08月15日 17:04  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「押井守のサブぃカルチャー70年」バナー
「押井守のサブぃカルチャー70年」バナー
押井守による新連載「押井守のサブぃカルチャー70年」が、TVBros.(東京ニュース通信社)のデジタル定期購読サービス「TVBros. note版」にてスタート。本日8月15日に第1回「赤胴鈴之助の巻」が公開された。

【大きな画像をもっと見る】

「押井守のサブぃカルチャー70年」は、映画ライターの渡辺麻紀を聞き手に、物心ついた幼少期から前期高齢者となった現在まで、約70年間にわたる自らのエンタメ、サブカル的な体験を語り尽くしていくというもの。「押井守のサブぃカルチャー70年」というタイトルは、「サブカル」と「サムい」をかけて名付けられた。本日公開された第1回「赤胴鈴之助の巻」では、当時のラジオ放送の中で子供が楽しめる数少ない番組の1つだったという「赤胴鈴之助」について語られる。

    オススメゲーム

    ニュース設定