C大阪、柏との上位対決を制す! オルンガに6試合連続弾許すも公式戦8試合無敗

2

2020年08月15日 21:04  サッカーキング

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真J1第10節で柏とC大阪が対戦した [写真]=J.LEAGUE
J1第10節で柏とC大阪が対戦した [写真]=J.LEAGUE
 15日、明治安田生命J1リーグ第10節で柏レイソルとセレッソ大阪が対戦した。

 勝ち点18で3位につけるC大阪と、勝ち点16で5位につける柏の上位対決。直近5試合で8得点を記録している柏のFWオルンガをC大阪がどのように抑えるのか、注目が集まる試合となった。

 試合は開始早々に動く。5分、敵陣でボールを受けたC大阪のFWブルーノ・メンデスが、左に位置したMF清武弘嗣へパス。そして再び清武からのパスを受けたブルーノ・メンデスは、ペナルティエリア中央から右足でシュートを放った。ボールはゴール左に決まり、アウェイのC大阪が先制に成功する。なお、ブルーノ・メンデスはこれで公式戦2試合連続となった。

 先制を許したホームの柏だが、その後はボールを保持して得点機会を伺う。23分にはオルンガがペナルティエリア手前から左足でシュート。31分にはオルンガからの落としを受けたMF仲間隼斗が、ペナルティエリア内でシュート。しかしいずれもC大阪のGKキム・ジンヒョンが立ちはだかり、得点には至らない。

 追加点を狙うC大阪は34分、敵陣ペナルティエリア手前中央でルーズボールを拾ったMF坂元達裕が、左足でコースを狙ったシュート。しかしボールはゴール左へ外れる。結局前半は、C大阪が1点リードで折り返す。

 迎えた後半、柏は直近5試合で1得点3アシストのFW神谷優太を投入。ネルシーニョ監督は、得点への意識を強める采配を見せる。

 しかし、再びスコアを動かしたのはC大阪だった。55分、敵陣中央の左でFKを獲得すると、清武が右足で柔らかいボールをゴール前へ。柏のDF古賀太陽はクリアを試みて頭で触ると、ボールはゴール左へと流れ込んでしまった。

 その後、柏は途中出場のFW呉屋大翔などが次々とシュートを放ち、C大阪ゴールに襲いかかる。しかし、C大阪はキム・ジンヒョンを中心とした守りで得点を許さない。注目されたオルンガに対してもスペースを与えず、十分な仕事をさせない。

 するとC大阪は87分、ダメ押し点を決める。途中出場のFW柿谷曜一朗が自陣左から斜めに持ち上がると、前線で走るFW西川潤へ絶妙な浮き玉のパス。抜け出した西川は、寄せてきた柏のGK中村航輔の頭上を越すループシュートを左足で流し込んだ。

 しかし柏はその2分後、思わぬ形で得点を挙げる。味方からパスを受けたキム・ジンヒョンのキックが、オルンガの足下へ。ボールを拾ったオルンガはそのままゴールへ流し込み、ついに柏が1点を返す。オルンガは、J1で6試合連続の11得点目を記録した。

 ただ、試合はこのまま終了。勝利したC大阪は、これで公式戦8試合無敗をキープ。一方の柏は公式戦8試合ぶりの黒星を喫した。

【スコア】
柏レイソル 1ー3 セレッソ大阪

【得点者】
5分 0ー1 ブルーノ・メンデス(セレッソ大阪)
55分 0ー2 オウンゴール(セレッソ大阪)
87分 0ー3 西川潤(セレッソ大阪)
89分 1ー3 オルンガ(柏レイソル)

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定