鈴木奈々「自分の名前をもっともっと好きになりました!」 書道アーティスト・原愛梨1st作品集

0

2020年08月17日 19:21  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 書道アーティスト・原愛梨の初めての作品集となる『書道アーティスト 原 愛梨 愛』が、2020年8月19日に発売される。


関連:【画像】鈴木奈々の名前を書いた作品


 原愛梨は、『news zero』(日本テレビ系)、『かみひとえ』(テレビ朝日系)など数々のテレビ番組に出演し、いま注目を集める書道家。そんな原のすべてが詰まった本書には、「この芸術を観て下さい!ほんまに凄いっすよ」とツイートした上原浩治の投球フォームの作品も掲載。他にも、「可憐な薔薇の花」と題した鈴木奈々をイメージした作品や、「神対応」と題しSKE48の須田亜香里を描いた作品も掲載。さらには、織田信長、西郷隆盛ら歴史上人物、サッカー、テニスなどスポーツ、日本昔話、動物、ことわざなどを題材にした作品も。


 先日、公式SNSで、 #書道アートにしてほしい文字、を募集、集まったキーワードのなかから原愛梨が52の言語を使用して作品にした最新作「福を呼ぶフクロウ」は大迫力。


 作品のみならず、赤い袴姿で真剣に書を書く表情や、この書籍のために新しく買った私服を着用してのカットや、かわいらしいパジャマ姿も披露。オフで見せるやわらかい表情の原愛梨にでも出会える。書道にかける思いや今後の活動について語ったエッセイもあり、読み応えたっぷりの一冊となっている。


■原愛梨コメント
書道アーティストの原愛梨です。
いよいよ本の出版が近づいて参りました。
先日、完成した人生初の作品集を手にして、ようやく実感が湧いてきました。
今まで個展やイベントで作品をみていただく機会は何度もありましたが、今回は今まで感じたことのない緊張感、高揚感、少しの達成感の中で皆様にお届けできる日を楽しみにしています。
この作品集には作品以外にも、この本のために書いたエッセイも載っています。
今まであまり語ってこなかった書道にかける想いや原愛梨のいう人間の素の部分を飾らずに書いています。皆様に何か届くものがあると思っていますので、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。
ここに至るまでたくさんの苦悩があり、いろんな想いをしてきました。そこから生まれてきた作品たちがあなたの心に届くことを願っております。
そして自由な書道の世界で作品に宿る生命を楽しんでください。


■鈴木奈々コメント
私の名前をこんな素敵な作品に仕上げていただき、改めて自分の名前をもっともっと好きになりました!
原さんの書道アートにはパワーがあり、見ているだけで生命力が湧いてきます。
これからも元気やパワーがみなぎる原さんの作品を楽しみにしています!


■須田亜香里コメント
以前も描いていただいたことがあるのですが、どれも見れば見るほど原さんからの愛情の贈り物が作品から浮き上がってきて幸せな気持ちになります。
自分自身の魅力を発信するのは確信が持てないし、照れ臭い気持ちもあるけれど、それをこうして原さんに書道アートにしていただくと「ああ、私ってこうやって頑張ってきたんだ」と自信をもらえます。
これからも愛情いっぱいのアート楽しみにしています!


■原愛梨(はら・あいり)プロフィール
2歳から書道を始め、最年少で文部科学大臣賞受賞。多様な観点での文字を使った書道アートでスポーツの作品をメインにTwitterに投稿したところ、各界のスポーツ選手から大きな反響を呼んだ。親しみやすい性格と、天真爛漫なキャラクターを武器に、メディアやイベント、ジャンルを問わず幅広い分野で活躍する今注目の若手書道アーティスト。
誕生日:1993年10月2日
出身地:福岡県
特技:書道


    オススメゲーム

    ニュース設定