楽天・涌井が止まらない!史上初の「3球団最多勝投手」へ、トップ独走の8勝目

38

2020年08月19日 21:54  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真8勝目を挙げた楽天・涌井秀章 (C) Kyodo News
8勝目を挙げた楽天・涌井秀章 (C) Kyodo News
◆ これで今季は9戦8勝負けなし

 楽天の涌井秀章投手(34)は19日、札幌ドームで行われた日本ハム戦に先発登板。味方の大量援護にも守られ、8回を110球、4安打・1失点の好投で8勝目(0敗)を挙げた。


 今季から楽天に移籍したプロ16年目のベテラン右腕は、開幕から負けなしで勝ち進んで6・7月の月間MVPを受賞。8月に入ってもその勢いに陰りは見られず、開幕からの連勝を「7」に伸ばした状態でこの日のマウンドを迎える。

 初回は一死から四球を与え、2回は先頭の大田泰示に安打を浴びるも、この日もテンポ良く打たせて取る投球を展開して2イニング連続の無失点。3回は二死走者なしから甘く入った変化球を西川遥輝に痛打され、これがスタンドまで届いてしまったものの、序盤から味方の援護もあって3回終了時点で6−1。余裕をもってイニングを消化していく。


 パンチ一発に動揺することなく、それどころか被弾を機に目を覚ましたかのようにピッチを上げ、3回最後のアウトから6回終了まで圧巻の10人連続斬り。7回先頭の近藤健介に安打を浴びるまで、中盤は完璧な投球を見せる。

 その7回も近藤を一塁に置いて中軸へ…というところだったが、パ・リーグ二冠の絶好調・中田翔は中飛に仕留め、序盤に安打を浴びた大田も変化球で空振り三振。王柏融も内角の強いボールで二飛に斬り、久々の走者にも動じることなく無失点。マイペースは不変、淡々とスコアボードにゼロを刻んでいった。


 球数が100球に到達した8回も、二死から中島卓也にセンターへの二塁打を浴びたものの、守備から途中出場の松本剛は外の変化球を振らせて空振り三振。ベテランらしくピンチも冷静に切り抜ける。

 すると、12−1と大量リードで迎えた9回裏は、2番手の宋家豪がマウンドへ。8回終了時点での球数が110球、今季は開幕から全試合で100球以上投げてきたことも考慮してか、涌井は8回まででお役御免。宋は二死から連打を浴びて1点を失うも、3つのアウトを取って試合を締めくくり、楽天が12−2の大勝。8回1失点の涌井が今季8勝目をゲットした。


◆ 札幌では5年ぶりの勝利

 西武からロッテ、そして今季から楽天とキャリアのすべてをパ・リーグで過ごしている涌井だが、実はここ札幌では白星から遠ざかっており、昨季は1戦1敗、一昨年は登板なし、その前も登板なし、2016年は1戦1敗と、過去4シーズンは勝利なし。最後に勝ったのは、最多勝に輝いたロッテ移籍2年目の2015年・10月1日までさかのぼる。ということで、この勝利が実に5年ぶりとなる札幌ドームでの白星となった。

 また、これで今季8勝目を掴み、パ・リーグのハーラーダービートップを快走中。2位が石川柊太(ソフトバンク)の「5勝」ということで、まだ折り返し地点を迎える前ではあるが、早くも最多勝に向けた期待も膨らんでくる。

 もしこのまま突っ走ってタイトル獲得となれば、ロッテ時代の2015年以来で5年ぶり自身4度目。西武・ロッテ・楽天と異なる3球団での最多勝となると、長いプロ野球の歴史のなかでも史上初という快挙となる。

 偉業に向けてこのまま勝ち星を重ねていくことができるか、楽天を引っ張るベテラン右腕から目が離せない。


文=尾崎直也


▼ 涌井秀章・きょうの投球内容
・投球回:8回
・投球数:110球
・打 者:28人
・被安打:4本
・与四球:1個
・奪三振:3個
・失 点:1点

このニュースに関するつぶやき

  • 最初は良くても長続きしないから居心地悪くなり移籍する。そして新天地でまた最初は活躍する。西武やロッテが悪い訳じゃない。球団にとっては扱いにくい選手だな。
    • イイネ!0
    • コメント 2件
  • OKexclamationɽ���ʴ򤷤����ؤ�OK
    • イイネ!21
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(22件)

ニュース設定