小木博明、がん手術が無事に終了 相方・矢作兼が明かす「キレイに取れたみたい」

29

2020年08月21日 01:09  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真おぎやはぎ(左から)小木博明、矢作兼(C)ORICON NewS inc.
おぎやはぎ(左から)小木博明、矢作兼(C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、20日深夜放送のTBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木曜 深1:00)に生出演。先週放送の同番組エンディングで、相方の小木博明が初期の腎細胞がん(ステージ1)であることを公表したが、すでに手術が終わったことを明かした。 

【写真】2017年には、番組収録で転倒し右鎖骨を骨折した小木

 矢作は「小木さんもね、きょう休み。なんか、連絡したんだよ。手術は終わったって聞いた」と小木の近況を紹介。「無事に摘出も完了しまして。すごいね、最近の技術は。もうね、歩かされようとしていたんだって。もう早くも、でも痛くて動けないって。無事に終わって、大丈夫みたいよ。キレイに取れたみたいよ」と伝えた。

 この日の放送は、同じ所属事務所のお笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也が助っ人として出演。昨年12月に放送された「ザキヤマサンタ」以来の『メガネびいき』出演となったが、冒頭で矢作が自己紹介すると、山崎も「どうも、こんばんは、おぎやはぎの小木ですー」と小木として、冒頭のトークを繰り広げた。

 小木は『メガネびいき』の13日深夜放送のエンディングで「腎細胞がんって言われたよ。告知されたよ」と突然発表。相方の矢作兼が驚く中、小木は「5センチくらいあるのかな。ステージ1なんだよ。でも、びっくりしちゃってさ」と語るなか、番組終了が近づき、小木は「とりあえず、みなさん、検査は行った方がいいね」と駆け足で締めくくった。

 事務所の公式サイトでも「先日、頭痛の治療で入院した際に検査を受けたところ、初期の腎細胞がん(ステージ1)が見つかりました。8月17日から入院し、治療に専念致します。仕事復帰時期に関しては9月頭を予定しておりますが、治療の経過を見ての判断になります」と報告された。

このニュースに関するつぶやき

  • 心臓の下辺りがズキッと痛むと『ガンかな…』ってふと思ってしまう。慢性胃腸炎なので胃液が胃壁を痛めてるんだと思うけど、これが長期化するとガンになるんだよね…。毎日薬は飲んでいるけど、怖いよね。ガン。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 矢作兼「お腹の中きれいにしてもらって“腹黒”が治ったんでしょ」 小木博明「ええ。ただ、おへその位置がずれて“へそまがり”になりました」
    • イイネ!19
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(16件)

ニュース設定