吉沢亮“順調”なキャリア形成「理想的な登り方ができている」

1

2020年08月23日 09:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真自身のキャリアについて「理想的な登り方ができている」と語った吉沢亮【撮影:KOBA】 (C)ORICON NewS inc.
自身のキャリアについて「理想的な登り方ができている」と語った吉沢亮【撮影:KOBA】 (C)ORICON NewS inc.
 NHK連続テレビ小説『なつぞら』の山田天陽役で絶大な支持を受け、映画『キングダム』(2019年)のエイ政/漂役で『第43回日本アカデミー賞』最優秀助演男優賞を受賞した吉沢亮(26)。来年の大河ドラマ『青天を衝け』で主人公・渋沢栄一を演じることも決まっている彼が、住野よる氏の原作を映画化した『青くて痛くて脆い』(8月28日公開)で杉咲花とW主演を務める。復讐に燃える大学生・田端楓で“ダークサイド”の主人公を表現した吉沢が、どのように新境地を切り開いたかに迫った。

【場面カット】頬に傷をつけ切ない表情を見せる吉沢亮

 吉沢が演じる楓は、コミュニケーションが苦手で「大切な仲間」と「居場所」を奪われた大学生。他人と距離を置き、人の人生に立ち入ろうとしない青年だ。一方、杉咲が演じるヒロイン・秋好寿乃は空気の読めない発言を連発して周囲から浮いた存在のヒロイン。そんな正反対な二人がキャンパスで出会い、「世界を変える」という目標を掲げるサークル・モアイを立ち上げるも、秋好が“この世界”からいなくなってしまう。秋好の存在亡き後、意識高い系就活サークルに成り下がったモアイに楓は怒り、憎しみ、歪んだ感情が暴走していき、秋好がかなえたかった夢を取り戻すために青春最後の革命を起こす。

■ダークサイドな役は「嫌なヤツを演じるのが楽しい(笑)」

 吉沢は、本作の映画化発表のおり「今まで演じたことのない闇の抱え方、屈折の仕方をした役で、見た人から嫌われそうな役だったのですが、演じていてとても楽しかったです」とコメントを寄せていた。

 “ダークサイド”の楓だが「共感できる部分はけっこうありました。ダサかったり、痛い部分を持っている男ですが、こういうダサさや痛さは誰でも共感できるものではないかと思ったんです」と話す。

 その上で「単純に嫌なヤツを演じるのが楽しいというか(笑)。人の嫌な感情や気持ち悪い部分は日常生活で出すわけにはいかない。それをお芝居だったらいくらだって出していいわけですから、そういう部分の発散は楽しかったですね」と演じたときの“楽しさ”を振り返ってくれた。

■目の前の仕事に集中“なりたい自分”は「特にない」

 劇中では“なりたい自分”というせりふが何度も登場する。吉沢自身“なりたい自分”というのは「特にないんです」といい「将来のことはあまり考えていないです。基本的に先のことは考えずに生きているんで(笑)。ただ、この仕事を続けて、この仕事で食べていけれればいいなと思います」と目の前のことに集中して仕事をこなすことをモットーとする。

 それでも『なつぞら』『キングダム』、そして『青天を衝け』とヒット作への出演や大河ドラマの主演を手にし、吉沢の“キャリア形成”は順調に見える。

 「自分で言うのも気が引けますが、順調だとは思います」といい「毎年一つひとつ登っている感覚で仕事をやらせてもらっています。どんっと上がるわけでもなく、落ちているわけでもない。緩やかに登っていっている感じで、今は理想的な登り方ができていると思います」と充実感も語ってくれた。

 そんな吉沢も「スターになりたいという意識はあります」と目標を明かす。「誰もが知っているスターに。昔に描いていたスターにはまだまだなれていないですが、単純に仮面ライダーが好きだったので、みんなが憧れるような存在になりたいという意識が昔からあったのかもしれません」。

■「良い出会いを通して頑張るだけ」

 今年は新型コロナウイルスの影響で、多くの映画作品が公開延期、ドラマやアニメなどエンタメ界は大きな打撃を受けた。通常ならば行わる映画の舞台あいさつなどもオンラインや無観客で実施するなど、試行錯誤をしながら行っている状況だ。

 そのような状況で、吉沢はLINE LIVEを行ったり自身初のDVD『DVDしりょう』を7月21日に発売した。ファンの人たちとの接し方については「どうしていくかは難しいですよね」と悩むが「ファンの方に楽しんでもらうということはやっていきたいです。コロナだからというわけではなく、やれることをやりたい」とこれからもLINE LIVEなどで直接的な交流を図ることに加え、作品を通して活躍する姿を見てもらう。

 自身の自粛期間については「インドアなので新しいことを始めたというのはないんですが」と笑い「韓国映画を見ていました。同じアジアなのにこんなにレベルが違うのかと。悔しさとすごいなという思いでした」と明かす。

 吉沢は昨年12月に行われた映画『パラサイト 半地下の家族』(ポン・ジュノ監督)のプレミア上映会にサプライズゲストとして登場。その『パラサイト』は外国語映画で初となる『アカデミー賞』作品賞を受賞した。吉沢も「(あの舞台に行きたいというのは)もちろんあります。ただ、自分の力だけでは行けませんから、良い出会いを通して仕事を頑張るだけです」と穏やか口調ながらも闘志を燃やしていた。

 一歩一歩ながら、それでも着実に名実ともに日本を代表する俳優へと近づいている吉沢。これまで見せてきたさわやかなキャラクターから、エイ政のような先頭に立つ英雄から一転、ダークサイドという楓で振り幅の広い演技を見せる俳優と証明している。吉沢が表現する人間が抱える“闇”を、本作を通して体感してみるのはいかがだろうか。

◆吉沢亮(よしざわ・りょう)1994年2月1日生まれ 東京都出身
2011年から放送された『仮面ライダーフォーゼ』の朔田流星/仮面ライダーメテオ役で注目を受ける。その後も『リバーズ・エッジ』(18年)『キングダム』(19年)など多くの話題作に出演。公開待機作は『さくら』(今秋公開)など。2021年より、NHK大河ドラマ『青天を衝け』で主演・渋沢栄一を演じる。
    ニュース設定