高橋留美子のターニングポイントは「人魚シリーズ」だったーー名作『犬夜叉』へと連なる新たな作風

1

2020年08月24日 09:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 高橋留美子『犬夜叉』は国内外でもファンが多い。今秋にはその続編となる、犬夜叉の娘を主人公とした『半妖の夜叉姫』のアニメ化放映が決定し、注目を集めている。『犬夜叉』の人気もさることながら、高橋留美子の代表作といえば『うる星やつら』『めぞん一刻』『らんま1/2』といったラブコメ作品が世間的な認識かと思われる。


 しかし、私のベストは「人魚シリーズ」と総称される短編集『人魚の森』『人魚の傷』『夜叉の瞳』だ。コメディー色を排し、シリアスに人間の生と業を描いたこのシリーズは、ラブコメの女王と呼ばれていた高橋留美子の天才ぶりをあらためて確信させるものだ。


 「不老長寿」の秘薬と伝承されている人魚の肉を偶然手に入れ、冗談半分で食べた漁師・湧太(ゆうた)は、謂れのとおり、老いることなく500年も生きている。怪我をしてもあっという間に治り、殺されても半日で生き返る。出会った人々との死別を何度も経るうちに、その虚しさと寂しさに苛まれて孤独な人生を歩んでいた。その長い人生の途中に、真魚(まな)という同じく人魚の肉を食べた少女と出会い、ともに旅をすることになる。


 人魚の肉は猛毒でもあり、おおよその人間は食らうと死ぬか、「なりそこない」と呼ばれるバケモノになる。不老長寿を渇望して手段を選ばずに人魚の肉を探す者たち、人魚の肉を食べて不老長寿になった人間を自らのために食べようと探す人魚。食うか食われるかの命がけの戦いが繰り返されるなか、普通の人間に戻りたいがために謎を解く鍵となる生きた人魚との出会いを求めて旅を続ける湧太と真魚が、人魚にまつわる事象と交差する物語だ。


 日常を舞台にギャグを盛り込んだ『めぞん一刻』などの一連の作品を描きつつも、人間の深淵を覗かせる世界を創作しているのは、高橋留美子の作家性がいかに多面的であるかをあらわしている。


 「人魚シリーズ」は誤解されがちだが「不老不死」の物語ではない。人魚の肉を食べた者は首を落とされれば絶命する「不老長寿」なのだ。作中でも「不老不死」との言葉は一度も出てこない。私はこれに作者の強い意図が反映されていると感じた。


 交わりを持った人々は皆、死を迎えることができる。それは湧太たちが願う普通の人間としての生き方だ。人魚に会えばわかるという人間に戻る術を求めて旅を続ける物語だが、「不老長寿」は「不死」ではない。そこに、死ねない彼らが救われる一途の光を残している優しさこそが、じつに高橋留美子らしいと思うのだ。


 この「人魚シリーズ」での手応えが、以降の作品である『犬夜叉』や『境界のRINNE』など、特異な能力・属性を持つ者を主人公とした作品群の原点になっているのは間違いない。まさに鉄板であるラブコメ路線からのターニングポイント、新たな作風の確立がこの「人魚シリーズ」なのだ。


 そして特筆すべきなのは、とてつもない画力の高さだ。人魚の肉を食べたものの肉体が維持できなかった「できそこない」のデザインは、それまでの高橋作品には決して出てこないグロテスクさだ。そして本当に出来損なった生物そのものに見える。また、人魚の造形は、いわゆる「マーメイド」のイメージの美しい半人半魚ではなく、異形で異様な魚のバケモノになっている。言葉も発せずにバクバクと口を動かす様は、人魚への幻想が作中でも現在の我々が思うそれをも完全に否定している。幻想が幻想どおりではないというリアルと残酷さを訴えているのではないだろうか。


 また、常に命を狙われ、あるいは誰かを助けるという湧太と真魚の設定から、アクションシーンも多い。高橋作品の特徴でもある多くのオノマトペが登場人物の動きの臨場感を伝えてくる。活劇的な要素もたっぷりとあるのだ。ただし、悲壮な活躍ではあるのだが。含蓄のあるセリフも見どころだ。誰もが悲しく、切なく、美しく、醜悪である。


 『人魚の森』『人魚の傷』『夜叉の瞳』はたった3巻であるのに、3巻以上の読み応えと満足感を与えてくれる。一部の隙もなく、一寸の余計もなく創られた作品と言っても過言ではないだろう。「深い」とだけ言ってしまうのは惜しいシリーズだ。


 1980年代から断続的に発表された作品なので、高橋ファンや40代以上のマンガ好きなら『人魚シリーズ』をたいてい読んでいると思う。私も『半妖の夜叉姫』のアニメ化で掲載時以来、ものすごく久しぶりに読み返してみた。子どもの頃にはストーリーを追うだけで楽しい作品だったが、大人の視点から読むと、大げさだが哲学的ななにか、をも含んだ大傑作であることに気づく。


 このシリーズは当時のマンガ界に衝撃を持って迎えられたに違いない。もし『人魚シリーズ』の面妖怪奇な世界観が気に入ったなら、おそらく多大な影響を受けたであろう高橋葉介『もののけ草子』(全4巻/ぶんか社)も併せて読んでほしい。この作品も完成度が高く、読み応えを保証したくなる作品だ。


■西野由季子(にしの・ゆきこ)
編集者、ライター。NPO法人HON.jpファウンダー(元理事)。「日本のインディーズ漫画をフランスにて電書で販売」 プロジェクトを実践中。サブカルから軍事、 グルメまで幅広いジャンルで書籍を担当。近年は漫画・ アニメの取材執筆多数。


■書籍情報
「高橋留美子 人魚シリーズ」(少年サンデーコミックススペシャル)全3巻
著者:高橋留美子
出版社:小学館
価格:各576円(税込)


このニュースに関するつぶやき

  • シリアス物なら人魚シリーズより前にアニメ化もされた【笑う標的】もお忘れなく(-_-)ノ
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

オススメゲーム

ニュース設定