“ミラクル神ボディ"松嶋えいみ「制服が一番恥ずかしい」セクシーシーン連発

1

2020年08月29日 07:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

168cmの高身長に上からB87・W60・H86(cm)にFカップバストという日本人離れしたプロポーションで"ミラクル神ボディ"と称されて大人気の松嶋えいみ。


峰不二子ばりの芸術的ボディはもちろんだが、他を圧倒するフェロモン全開のセクシーさでグラドルファンを虜にしている。その彼女が最新DVD&Blu-ray『元カノはえいみ』(竹書房)をリリース。自慢のスタイルとセクシーさを全面に押し出すなど、極めて完成度が高い作品に仕上がっている。


松嶋が今作で演じたキャラクターは、ある男性の"元カノ"役。偶然出会った元カノと秘密の時間を過ごすというシストーリーが展開されていく。付き合い始めのカップルとは違い、既に深い関係性が構築されている男女とあって、秘密の時間は当然激しいものに。冒頭ではその序章として比較的爽やかな印象だが、シーンが進むにつれて激しさは増す。ざっとシーンを紹介すれば、再会を楽しむベッドのシーンにヌーディーさ全開の温泉シーン、目隠し&氷プレイのシーンにシャワーシーン、真っ昼間からのアイス舐めに圧倒的なスタイルがひと目で分かるニップレスのシーンなど。かつての恋人たちが再び燃え上がる夜ベッドでクライマックスを迎えるが、注目して欲しいのは制服姿で目隠しをしながらキャンディーを舐める刺激的なシーンだ。


以前のイベントで「制服が一番恥ずかしい」と漏らしていた松嶋だが、セクシーさが売りの松嶋にとって、制服は羞恥心が煽られるもの。元カレのリクエストで制服姿になるという設定は容易に想像がつくが、制服姿で現れた時の笑顔は恥ずかしさを隠す照れ笑いなのかもしれない。ただし、その笑いも一瞬だけ。目隠しのキャンディー舐めからベッドのシーンへと"えちえち"なシーンがエスカレートしていく。同シーンに限らず、全体的に松嶋の魅力でもあるセクシーさが表現されており、見どころが満載だ。


今年の4月で28歳となり、三十路を間近にしてますます艶やかさが出てきた松嶋。その大人エロスは他のグラドルを凌駕している。しかもスタイルが抜群とあって、まさに無双状態。次回作が待ち遠しい限りだ。


松嶋は、同DVDの発売記念イベントを9月13日(日)12時〜秋葉原・ソフマップで開催するので、こちらも要チェックだ。

このニュースに関するつぶやき

  • 90点ですね。
    • イイネ!12
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定