【解説】「高速道路、ついに時速120キロ解禁」 つまりどういうこと?

459

2020年08月29日 13:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真高速道路の一部路線、区間の最高速度が「時速120キロ」に引き上げられる
高速道路の一部路線、区間の最高速度が「時速120キロ」に引き上げられる

 高速道路の一部路線、区間で最高速度が「時速120キロ」に引き上げられます。



【画像】首都高や新名神の設計速度・ネットの反応



 警察庁は2020年7月、新東名高速道路などの一部路線、一部区間で最高速度を時速120キロに引き上げられるよう、交通規制の基準を改正する方針を決定。早ければ8月に基準改定、2020年度内に実現する見通しと報道されています。



 今回は、「高速道路、ついに時速120キロ解禁」とはどういうことか、何がどう変わるのかをサクッと解説していきます。



--



 高速道路の速度規制引き上げは2020年8月現在、試験的に新東名の新静岡IC(インターチェンジ)〜森掛川IC間(約50キロ)と、東北自動車道の花巻南IC〜盛岡南IC間(約27キロ)の2区間で、2017年に時速110キロ、2019年には時速120キロまで引き上げて安全性などの検証が行われています。



 最高速度引き上げ区間は、上記の2区間に加えて、新東名の御殿場JCT(ジャンクション)〜浜松いなさJCT間(約145キロ)、東北道の浦和IC〜佐野スマートIC間(約53キロ)、常磐自動車道の柏IC〜水戸IC(約71キロ)、東関東自動車道の千葉北IC〜成田JCT(約26キロ)となる可能性が高いとされています。



●最高速度引き上げが想定される区間



・新東名高速道路 新静岡IC〜森掛川IC間(約50キロ)



・新東名高速道路 御殿場JCT〜浜松いなさJCT間(約145キロ)



・東北自動車道 浦和IC〜佐野スマートIC間(約53キロ)



・東北自動車道 花巻南IC〜盛岡南IC間(約27キロ)



・常磐自動車道 柏IC〜水戸IC(約71キロ)



・東関東自動車道 千葉北IC〜成田JCT(約26キロ)



 対象は現行で高速自動車国道における最高速度が時速100キロである車両──普通乗用車、バス、バイク、最大積載量5トン未満の中型トラックなどです。大型トラックなどの大型貨物車は現行通り時速80キロ制限のままとなります。



●「高速道路の最高速度」はどうやって決まる?



 道路における最高速度は、実勢速度ではなく、道路構造などから定められています。道路構造令という法律で定められた「道路区分」と「設計速度」が基準になります。



 道路区分は道路構造令の第三条で定められています。全4種あり、高速道路は「第一種」もしくは「第二種」として整備するように決まっています。



 さらに、計画交通量や地形、地区によって、第一種道路は第一級〜第四級、第二種道路は第一級と第二級の6つに分けられています。



 この道路区分によって幅員や路肩幅、設計速度が決まります。設計速度は道路の勾配やカーブの半径(きつさ)なども考慮されます。



 この設計速度を超えない範囲で、これまでは上限を「時速100キロ」などと最高速度を決めていました。なお、広く、車線数も多く、きついカーブがない、新しい路線、例えば新東名の設計速度は全区間で「時速120キロ」ですが、一部区間は将来を見据え、それより高い時速140キロを担保する構造となっています。



 2020年現在は、設計速度を元に「構造適合速度」も定めています。構造適合速度は「曲線半径、片勾配、視距、合成勾配、縦断勾配、車線幅員、路肩幅員の各要素における道路構造令の規定値から設計速度の値を逆引きすることにより抽出する」(警察庁 平成20年度 規制速度決定の在り方に関する調査研究 報告書より引用)ものです。



●最高速度を上げられる路線、上げられない路線



 いくつかの新しい路線を中心に、第一種第一級の道路は「時速100キロ以上」の設計速度で造られています。その一方で、高速道路であってもそれに該当しない道もあります。ですから、どの道路も一律に最高速度を引き上げられるわけではありません。



 例えば、都市高速道路として第二種の規格で設計されている首都高速道路の設計速度は、大部分が時速60キロ、一部区間(首都高湾岸線など)が時速80キロです。今回の改定において、首都高の速度制限が時速120キロに引き上げられることはないでしょう。



 「時速120キロ化」の対象路線は、いずれも設計速度が時速120キロ以上の第一種第一級として建設されている区間で、その中でも、20キロ以上の路線長があり、死傷事故率が低く、時速80キロ制限のままとなる大型貨物車や渋滞が少ない区間から対象にしていくとされます。



 そのため最高速度を引き上げる路線の選定も慎重に行われており、対象がかなり限定されるのはこの理由と思われます。



 前述した試行区間である東北道の花巻南IC〜盛岡南IC間以外は「片側3車線以上」の道路幅を確保しています。一部暫定4車線である新東名の御殿場JCT〜浜松いなさJCT間も片側3車線化工事が行われています。



●関西圏・他地区の高速道路も最高速度は上がる?



 近く「時速120キロ化」と想定される路線は多くが関東・東海地方近郊(一部東北地方)です。しかし、もちろんそれ以外にも第一種第一級として建設されている区間は存在します。



 例えば、2023年の全線開通に向けて工事が進められている「新名神高速道路」は、全線第一種第一級として整備され、設計速度も一部を除いて時速120キロです。時速120キロ化実現の可能性はあるでしょう。



 その他の路線についても、各区間を管轄する警察が今後、高速道路会社と調整して速度の見直しを検討するとしています。



 ネットでは「技術者・研究者が心血を注いだ120km/h以上の設計速度の高速道路がやっと認められる時が来た」という技術者の方の声が特に印象的でした。



 このほか、「設計速度120km/hを超える高速道路で100km/h規制を続けることは、国民の財産を無駄にする事だと言う意見も理解出来る」「区域内のオービスとか設定どうすんねやろ」「東北道の試験区間を走ったことあるけど、大型車との速度差が大きくて結構走りにくかった記憶がある」「制限設けず運転手の専決事項でええやん」「そんな速度出るかな/怖い」「速度取り締まりも強化する、アメとムチの方策かも」など、それぞれの人の視点で述べられた多くの反応や声が上がりました。



 なお、警察は「最高速度が引き上げられるとしても、その最高速度で常に走行する必要はない。交通状況に応じた安全な速度で走行してほしい」とも述べています。最高速度の引き上げによるよい効果を大きく期待しつつ、変わらず安全運転、運転マナーやモラルの向上を心掛けたいものです。



(少年B)


このニュースに関するつぶやき

  • 名神の関ヶ原〜彦根間・北陸道の木之本〜今庄間・中央道の飯田山本〜中津川間は、急勾配と急カーブが連続するので速度引き上げは無理でしょうね。3ケタの速度で後続車がやってくると恐怖を感じます。
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • 高い速度が悪いのではありません。速度に合わせた運転をしないドライバーが悪いのです。車間、車線、ウインカー、先を見る運転etc、早くて安全スムーズな運転の仕方を考えるドライバーが増える事を期待しよう。無理だけど。
    • イイネ!113
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(301件)

ニュース設定