【後編】24歳の息子夫婦と同居中。同居依頼してきたお嫁さんが日々の愚痴をSNSに呟く……。きつく注意したいけれど……

2

2020年08月29日 17:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
息子夫婦と同居をスタートして1年だというママさんですが、光熱費や食費などはママさんたちが負担しているというのに、日に3度もお風呂にお湯をためる、同居にまつわる不満を息子さんに愚痴る、SNSに書き込むなど好き放題のお嫁さんに困ってしまっています。もともとはお嫁さんの希望で始まった同居らしいのですが……。またお嫁さんはプライドが高いようで、ほかにも気になる言動が見られるようです。

友人たちには「マイホーム」だと語っているらしい、見栄っ張りなお嫁さん

『お嫁さんはどうしても「マイホーム」という響きがいいらしく、友達などを呼ぶときは「絶対に帰ってこないで」と言われます。見栄を張っているのかと思います』
ママさんのコメントを見る限り、お嫁さんの生活態度はあまり好ましいものではないようです。いくら妊娠をしているとはいえ、食事の用意や洗濯もしなくなっている上に、ママさんに対して心ないことを言っているとのことです。これに関しては、他のママたちはイライラしてしまっています。
『なんで「家に帰ってこないで」なんて言われなければならないの? 都合よく利用されているだけじゃん?』
『見栄っ張りすぎる。友人を呼ぶにしても、ママさんがいていいと思うし。名義も旦那さんだし、頭金も出しているならママさん夫婦の所有物でしょう』
お嫁さんの言い分に、他のママたちも納得できない様子です。家の名義は旦那さんですし、お嫁さんがなんと言おうが、ママさんの好きなようにしていてもいいのではないでしょうか。もしかしたらママさんが優しすぎる、大人しすぎる性格なのかもしれませんね。お嫁さんに利用されているのでは? との指摘もありました。

息子さん夫婦に家を出てもらおう!


『ママさんの旦那名義の家なら、息子夫婦に出ていってもらう。自分たち家族だけで生活させたらいいよ。ローン分は毎月息子夫婦が払っているとはいえ(3人分の生活費と思えば安いものかと)、住まわせてもらっていて息子夫婦が文句言い過ぎでしょ』
『家の名義がママさんの旦那さんなら、出ていくのは息子夫婦だよ』
お嫁さんの生活態度やママさんへの悪口などを考えると、息子さん夫婦に家を出てもらうのが1番の解決策かもしれません。同居する時点では、家事をお嫁さんがすると約束していますが、今は妊娠を理由にしなくなっています。約束を守らないこともありますから、息子さんに厳しく言ってもいいのではないでしょうか。このようなママたちからのアドバイスがあったのですが、肝心のママさんは複雑な心境のようです。

離婚をされたり、孫に会えなくなるのは嫌……

『息子には何度も名義人だからと話をしましたが、払っているのは僕たちだからと言われています。ここまでひどくお嫁さんから言われ、もういい加減きつく言ってやろうと何度も思いましたが、息子から嫁には言うなと止められています、これが原因で離婚されても困るなという思いもありますし、離婚したら孫と会えなくなると思うとなかなか言い出せないのが本音です』
ママさんとしては、お嫁さんから心ないことを言われて、そろそろ我慢の限界が近いのではないでしょうか。でもお嫁さんに厳しく注意をして、離婚となったら……と考えてしまうようですね。もしかしたら世間体を気にしている部分もあるのかもしれませんが、孫に会えなくなってしまうのが気がかりのようです。キツく言いたいけれど言えない。複雑な心境であることがうかがえます。

とうとう我慢の限界に!ママさんがお嫁さんに物申す!

『またSNSに「これ以上一緒にいたら病気になりそう」と書いていたみたいです。近々旦那が帰ってくるため、そのときに話し合いをしようと思いましたが、我慢ができずお嫁さんに言いました。「妊娠中でストレスがたまってそういうことを書いてしまった。今後も仲良く一緒に住みたい」と言われました。息子が帰ってきたらもう1度話し合いをし、旦那が帰って来たときにどうするか決めたいと思います』
お嫁さんが再びSNSに書き込んだことがわかり、もう我慢ができなくなったママさん。お嫁さんにきつく注意をしたそうです。お嫁さんとしては、今後も一緒に住みたいとのことなのですが、ママさんとしては納得ができていないようです。その後息子さんを交えて話したったようなのですが……。

思い切って……突き放すことにしました


『先程息子とお嫁さんと話しました。今後はお金の援助は一切しないし、同居が嫌なら出ていけと言いました。結果、お金の援助はしなくていいけれど、住むところがないので同居をお願いしたいとのことです。住宅ローンや固定資産税は私たち、光熱費を折半ということになりました』
息子さん夫婦と話し合い、結論が出たとのことですが、よく考えるとママさんの金銭的負担が増えています。これでは話し合いをしたから悪い結果になってしまったと見えるのですが、ママさんなりに考えがあったようです。
『金銭的負担は増えましたが、もう完全に私たち夫婦の家で、昼間など関係なしに家にいるし友達を呼ぶなと言いました。このお嫁さんに家のお金を少しでも払わせたら、自分の家だと勘違いされかねません。全て私たち負担で、あくまでもあなたたちは居候だということでこの結果になりました。家事も自分のことは自分でする約束です。自分たちが望んで子どもを作っている以上、それは当たり前と伝えました。2年後に元の家へ私たちが戻り、そこからは金銭援助をなくします』
住宅ローンや固定資産税など家に関することはママさん負担にすることで、お嫁さんのわがままをやめさせようと考えたことがわかります。息子さん夫婦はあくまで居候で、光熱費の半分は家賃のようなものなのでしょう。またお嫁さんがやると約束していた家事についてもきちんとこなすことが決まり、2年後にはママさんが元の家に戻り金銭的援助も終わりになるそうです。

今回ママさんは離婚をされたら困る、孫に会えなくなってしまうのは嫌という不安がある中でも、息子さん夫婦のことを思い、勇気をもって話し合いの場を作ったのではないでしょうか。
あるママからは、こんなコメントが寄せられました。
『1回突き放さないと。突き放すことも愛情だよ。自立させるのが親の仕事なんだよ』
お金の面では息子さん夫婦の負担は減っていますが、家での立場を理解させること、そして将来的には自分たちで住宅ローンや生活費を全部支払っていく覚悟を持たせたのかもしれません。お嫁さんに対しても、わがままばかりは通用しないことを知ってもらうためにも、厳しく接する必要があったのではないでしょうか。ママさん自身も我慢の限界が近かったこともあるでしょうけれど、今回の話し合いはママさんなりの愛情だったとも考えられそうです。

文・川崎さちえ 編集・blackcat イラスト・猫田カヨ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 離婚は夫婦の問題でしょ。でも孫に会えないのが困るなら我慢しなよ。我慢してもまた同じ事になると思うけどね、絶対。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定