西川貴教、元フリーアナ年下女性との再婚で外さなかった「ラジオの出会い」

2

2020年08月30日 21:12  日刊サイゾー

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真西川貴教(公式サイトより)
西川貴教(公式サイトより)

 歌手でタレントの西川貴教が29日、かねて交際していた一般人女性と入籍したことを発表した。

 西川はこの日、入籍したと報告。「皆様への感謝の気持ちを大切に公私共に邁進してまいりますので変わらぬご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます」とつづった。

 芸能関係者は「お相手は現在26歳になった元ミスキャンパスクイーンでフリーアナウンサーだった伊藤紗治子。大学卒業、大手キャスター事務所『セント・フォース』に在籍していましたが現在は辞めています。西川との交際が退所の大きなきっかけにはなっているでしょうね」と話す。

 そもそも2人は2017年に同じMBSラジオの番組に出演曜日こそ別だったが“共演”しており、距離は近かったといえる。芸能関係者は「以前、交際が写真週刊誌に報じられた某女優ともラジオでの共演がきっかけだった。言ってしまえば、西川は身近な年下女性を次々とお手付きしていたことになる。女性タレントを多く抱える芸能事務所の間では『西川には気をつけろ!』と警戒していた時期もあった」と明かす。

 50歳を目前に地位、名誉、収入もある程度得ている西川なのだから、そんな近くの女性に手を出さなくてもいいのにとも思ってしまうものだが、前出の関係者は「ラジオ番組っていうところがポイントですよ。出演者との距離も近く、事務所のマネージャーもレギュラーだったら来たり来なかったりするところも多い。その分、隙があるわけで喫煙所、控えスペース、帰りのエレベーターなどいくらでも声をかけて連絡先を交換できる場所はありますから。西川もそうしたところを狙っていた可能性はある」と指摘。

 さらに「今後も西川に続けとばかりに、ラジオ共演をきっかけにした交際報道はあると思う」と話す。若者世代を中心にラジオメディア離れが久しいが、芸能人にとっては格好の「お相手探し場所」になっているようだ。

    ニュース設定