“会食仲間”指原莉乃が安倍首相批判に猛反論! 日曜日各ワイドーショーは安倍辞任をどう報じた?

3

2020年08月31日 10:02  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

 28日安倍晋三首相が病気を理由に、突然辞任を表明。30日放送のフジテレビ『ワイドナショー』(日曜午前10時)では、このニュースを伝え、元AKB48の指原莉乃が「純粋に体調が心配だなって言う風に私はまず思ったんですよね。でもやっぱり体調どうこうって思ったより批判的な意見が多くて」と、安倍首相の体を気遣うコメントをした。

 番組MCの東野幸治が立件民主党の石垣のりこ参院議員の『「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の「選任責任」は厳しく問われるべきです。』というツイッターへの投稿内容を紹介。すると、指原は「人の痛みってわからないじゃないですか、こういう時に気づけない人は悲しい人だなって思います」と批判した。

 レギュラーコメンテーターのダウンタウンの松本人志は「まずは7年8カ月お疲れさまでしたと言うことだと思います」と2017年東野、指原、社会学者の古市憲寿、ワイドナショースタッフらで会食したことのある安倍首相をねぎらった。

 TBS『サンデージャポン』(日曜午前9時54分)では、第3次安倍内閣で総務大臣政務官を務めた元衆議院議員金子恵美が登場し、安倍首相の辞意表明について解説した。

 お笑いタレントのラサール石井の“記者会見はヌルく、まるで番記者と総理のお別れ会のよう。”というツイートが紹介されると金子は「まったくもって政治家をやったことのないコメンテーターのコメントだと思いますね。」と強く批判した。

 続けて「一度でも選挙に出て、国家のため命を尽くそうという思いのある人間であったならば、健康を理由に辞めることがどんなに辛くて、どんなに悔しかったかなと私はそこが本当に思うので」と安倍首相の思いを熱く代弁。「もし選挙に出て、総理大臣になってから言ってもらいたいなと思います」と、改めて「政治家をやったことが無い人は口を出すな」とばかりに強く批判した。

 そんな中TBS『アッコにおまかせ』では、冒頭に安倍首相辞任のニュースを合計2分半程度放送。その後は、コロナ渦の下半期注目の予定、芸能人のイニシャルトーク、先取り流行語予想、下半期ヒットするもの、などを特集。

 特に芸能人の熱愛、結婚、離婚、不倫についてのゴシップを名前をイニシャルで紹介し、スタジオだけに実名を公開するコーナーでは「やっぱり!」「わかった!」「えーーーー!」など出演者陣がイニシャルを予想し大盛り上がりだった。

 司会を務める和田アキ子も番組最後に「どこに焦点を当ててるのか良く分かりませんけども」とコメントするほど、世の中の情勢とはかけ離れた放送であった。

このニュースに関するつぶやき

  • 指原莉乃は権力に靡いて地位を確保することが無意識の癖になっているさもしいい売女。悪気はないとしても権力の犬は本人の意識の低さが原因。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 安倍首相批判が多いですね。何から何まで批判しますね。
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定