竜星涼 “新しい引きこもり” に?『35歳の少女』出演決定

0

2020年09月02日 05:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

2020年10月スタートの日本テレビ系10月期土曜ドラマが『35歳の少女』。『家政婦のミタ』『同期のサクラ』の制作チームが集結。『〇〇妻』以来、5年ぶりに柴咲コウと脚本家・遊川和彦がタッグを組む、この秋の新たなオリジナルドラマだ。

1995年、不慮の事故により10歳で突然、長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”、今村望美。待ち受けていたのは、変わり果てた世界と自分だった。現実に戸惑いながらも前を向いて生きる少女の“時をこえた”成長物語だ。この現代版“眠り姫”ともいえる本ドラマ。主人公、望美役を柴咲コウ、望美の初恋の相手、広瀬結人役は、坂口健太郎、望美の妹、時岡愛美は橋本愛、望美の父、今村進次役には田中哲司がすでに発表済み。




この度、望美の父・進次の再婚相手、今村加奈役に富田靖子、その引きこもりの連れ子、今村達也役に竜星涼が決定した。富田は遊川和彦脚本の作品には『はじめまして、愛しています。』以来、2度目の出演。また、竜星は『同期のサクラ』に続いての、遊川和彦脚本作への出演となる。富田と竜星は初共演。また、富田、竜星とも柴咲との共演は初めてとなる。望美が眠っている間に、一家の歯車が狂ったことで生まれた新しい家族。望美の目覚めは、この家庭にどのような希望をもたらすのか…!?

富田は「優しさの中の脆さ、華やかさの足元にある闇を感じながら、加奈に向き合っていきたいと思います」とコメント。竜星は「希望と絶望を巧みに操る遊川さんのオリジナル脚本は、いつも新しい台本を開くたびに世の中に大きな疑問を投げかけ役者に演じる喜びをくれます。こんなにも早く、またこのチームに参加できるとは…この作品が持っているキセキを信じて、自分の役割を全うしたいと思います」と期待を込める。ぜひご期待いただきたい。


富田靖子、竜星涼コメントは次。

<富田靖子 コメント>

先日、衣装合わせを終えて、ワクワクが止まりません。衣装の柄、生地の質感、丈の長さ、そして髪型の打ち合わせ。加奈という女性が息づいているのを感じます。遊川さんから、私の役名の加奈の名前の意味をお聞きしました。奈という漢字には、優しさ、華やかさという意味があること。それらを、人に与えられる人だそうです。優しさの中の脆さ、華やかさの足元にある闇を感じながら、加奈に向き合っていきたいと思います。

<竜星涼 コメント>

希望と絶望を巧みに操る遊川さんのオリジナル脚本は、いつも新しい台本を開くたびに世の中に大きな疑問を投げかけ役者に演じる喜びをくれます。こんなにも早く、またこのチームに参加できるとは…この作品が持っているキセキを信じて、自分の役割を全うしたいと思います。どうぞお楽しみに!!

<日本テレビ情報・制作局 大平太プロデューサー コメント>

富田さんとは、初めての仕事ですが、優しく貞淑な妻を演じても、富田さんがやると、「きっと、何かあるに違いない」と期待してしまう存在感があります。もちろん、ただの大人しい女性で終わるわけがありません。最初は、向こうの家庭と、自分たちを行ったり来たりの夫・進次に少しづつ怒りのマグマを溜めている状態です。いつどのように噴出するのでしょう?竜星くんは、昨年久しぶりにお仕事をして、素敵な俳優さんに成長していて驚きました。達也は、いったい部屋で何をしているのでしょう?両親にメールを送ってくるのも、何らかのメッセージを伝えたいのかもしれません。部屋から出てくる時に、彼が身につけているアイテムに、そのヒントがあるかもしれません。竜星くんが、きっと「新しい引きこもり」キャラを見せてくれると思います。



■日本テレビ『35歳の少女』

2020年10月期土曜ドラマ 10月10日スタート 毎週土曜22:00〜22:54


(C)日本テレビ


    ニュース設定