三吉彩花 女神のような美バスト披露、『anan』美乳特集表紙に登場

2

2020年09月03日 11:10  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

女優・モデルの三吉彩花が、9月9日(水)発売の女性グラビア週刊誌『anan』2216 号「美乳強化塾 2020」特集の表紙と巻頭グラビアに登場、絵画の中の女神のような美バストを披露した。



美乳のためのトレーニングやバストケア、最新ランジェリーカタログなどを取り上げる、年に1度の恒例企画・美乳特集。表紙&グラビアでは、毎年、皆が憧れる素晴らしいスタイルを持つ女性が登場し、バストの美しさを最大限に生かしたポージングで大きな話題を呼んでいる。今回、ドラマ出演や主演映画の公開が続き、また台湾のアーティストのMVに出演するなど、日本のみならずアジアの他の国へも活躍の場を広げている三吉彩花が登場。ファッショナブルでありながら、凛とした美しさが溢れるスーパーボディを披露した。


171cmの抜群のスタイルに、しっかりと縦線が入った腹筋、そして美しく輝く漆黒の髪。そして目が奪われるのは、クールなビジュアルから覗く豊かなバスト。その凛とした姿は、まさに至宝級の“アジアンビューティ”。撮影では、モデルとしての一面を持つ三吉をはじめとし、撮影チーム一丸となって試行錯誤しながら、“纏う衣装も美しく見せながらも印象的なバストの見え方”を追求。アジア映画のワンシーンのような赤リップとブラックのベアトップドレスや、少女のような無垢な表情とのギャップに驚く白のニットボディースーツ、「意志の強さ」が伝わるレザールックやトップレスに纏ったシックなセットアップ……。そしてタンクトップをラフにたくし上げたスタイルなど、時に親しみやすく、時に可憐、時に超クールに。三吉が持つ魅力を余すところなく撮影。とびきりのスタイルを堪能できるゴージャズなカットが満載となっている。



そして、撮影終了時間ギリギリに、「最後にこれを!」とトライしたのが、身につけるのはレザーグローブとパールジュエリーだけというとてもシンプルなコーディネート。すっと前を見据え、神々しさが漂うこのカットがカバーショットとなった。数分間のシューティングで生まれたビーナスのような奇跡のショットを披露している。


またインタビューでは、実は最近までコンプレックスだったというバストとの向き合い方やボディメイク術、モチベーションをキープする方法などについても語った。「在りたい自分であるために」。三吉のたゆまぬ努力と真摯な姿勢で生まれた、絵画のようなグラビアとなっている。


三吉彩花コメント

週1〜2回だったジムも、この撮影前は10日間毎日通っていました(笑)。24歳になった今の私の理想は、程よく鍛えられたヘルシーなボディ。バストもサイズの大小は重要ではないんですよね。大事なのは顔のイメージやウエスト、ヒップのトータルのバランスが自分の好きな感じであることと思っています。


このニュースに関するつぶやき

  • 美バスト披露、ちくび みせてよ
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定