エアコンは除湿?それとも冷房?冷えすぎる、電気代などママたちが使い方を選ぶポイントは?

3

2020年09月05日 08:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

暑い日が続き、エアコンなしでは暮らせない! そう感じているママたちも多いことでしょう。暑さをしのぐためにエアコンを使うときは除湿がいいのか、それとも冷房を使った方がいいのか……。あるママからママたちの交流の場であるママスタコミュニティにこんな投稿がありました。
『みんなの家でエアコンを使うとき、除湿と冷房ではどっち派? うちは除湿派。涼しくなって湿度も下がって最高だね』
投稿者さんはエアコンの除湿機能を使って暑さをしのいでいるようですね。湿度が下がると空気がカラッとして快適に過ごせるとのこと。ママたちは暑い日には除湿と冷房、どちらを使っているのでしょう。

「除湿」を使うママたち。その理由は?


湿度が高いと暑いと感じるので、除湿を使う

『雨続きで除湿がすごく威力を発揮している。除湿するだけで寒くなる』
『今年は除湿が大活躍。冷房だとすっきりしない。湿度がもう少し下がって気温が上がれば冷房にする』
雨の日が続いたり、暑い日の夕立の後などには湿度が上がってかなり不快と感じることもあります。そういう場合にはエアコンの除湿を使って湿度を下げることで、室内の空気がカラッとするのでしょう。ベタつくような湿度が解消されることで快適に過ごせると、除湿を好んで使用するママもいます。

冷房だと寒すぎる

『夜は冷房だと寒い。しまった布団を引っ張り出したわ』
寝苦しい夜に室内の温度調整をするとき、冷房だと冷え過ぎてしまうという意見もありました。あるママの場合には、重ねて使うための布団を引っ張り出してくるほどの寒さを感じたそうです。冷房のように直接室内の温度を下げるのではく、除湿を使って湿度を下げることで寝苦しさを緩和させるようですね。

「冷房」を使っているママたちは?



エアコンの機種によっては除湿の方が電気代がかかるらしい

『電気代が高いと聞いてから、除湿は一切使わない。冷房で温度高めに設定している』
『除湿の方が電気代が高いと言われてからは冷房にしかしない……』
エアコンの機種によっては冷房よりも除湿を使った方が電気代がかかることがあるようです。ママたちの中には少しでも電気代を抑えられるよう冷房を選んで使っているという意見もありました。実際にどの程度の違いがあるのかは、エアコンの機種だけではなく、機器自体の汚れ具合や使用期間などによっても違ってきますので「除湿の方が電気代がかかる」と一概には言えないのかもしれません。またエアコンを頻繁に使うことで電気代がかかってしまうことについては、こんなコメントも寄せられました。
『わが家は冷房派。夏場と冬場は電気代がかかっても仕方ない。その代わりに他のところの出費を抑えるといいじゃん! 私は暑いのが苦手で、夏は最低限の外出しかしないから、服を買わない。服代に比べたらエアコンの電気代なんて安いもんだよ』
電気代が気になるのであれば、他の支出を切り詰めて「エアコンを使ったときの電気代と相殺する」という考え方もアリですね。夏場にエアコンなしで過ごすのは難しいでしょうし、どうしても電気代が高くなってしまうというケースもあります。その場合には洋服代や交際費など、電気代以外の出費を見直して抑えるようにすれば、多少電気代が高くなっても気にならないのかもしれません。

除湿は寒くなりすぎる

『冷房。除湿は冷えすぎる』
『除湿にしたいんだけれど、寒くなり過ぎて』
先ほどは「冷房を使うと冷えすぎてしまう」とのコメントがありましたが、逆に「除湿の方が冷えすぎる」と感じるママたちもいます。そのときの室温やママたちの体調などによっても違ってくるのかもしれませんが、温度の感じ方は人それぞれ。自分に合った使い方で調整ができるといいですね。

旦那さんや子どもなど、家族が「冷房」で使いたがる

『私は除湿の方がサラッとするから好きなんだけれど、旦那が除湿を嫌う。冷房じゃないと冷えないと思い込んでいてうるさい』
『旦那に「除湿にしている」と言うと「どうりで冷えてないと思ったー!」とか言ってくる』
『冷房じゃないと子どもたちと旦那がうるさくて無理だな』
ママたちは除湿の方がいいと思っていても、旦那さんやお子さんたちが冷房を好むというご家庭もあります。旦那さんが除湿だと温度調整ができないので冷房にして欲しいと考えているのは、もしかしたらとても暑がりで室内の温度をすごく低めに設定するのが好きだからなのかもしれませんね。

熱中症に注意をしながら、そのときの状況によって使い分けていこう



暑い夏を乗り切るためにはエアコンに頼る家庭も多く、除湿や冷房をうまく使っているママたちは少なくありません。冷房をよく使うけれど、湿度が高いとじめっとした不快な暑さを感じてしまうので、ときには除湿も使うとの意見もあります。ただ除湿を使うと冷房よりも電気代がかさむといったケースもあるようで、それを理由に冷房にして使っているというご家庭もありました。

ここ数年の夏の暑さは大変厳しく、熱中症になるリスクも高くなっているようです。室内にいるからと言って油断せず、扇風機やエアコンを使って室内の温度を調整をすることは「熱中症予防のために」欠かせない方法の1つです。家計を守るママたちにとって電気代を気にすることは必要なことではありますが、あまり意識しすぎると「熱中症になる危険性」が生じてしまうかもしれません。コメントにもありましたが、洋服代など家計の他の部分で節約をして、エアコンにかかる電気代を気にせず使うというのもいいでしょう。「命を守るため」にはエアコンなどを使って、しっかりと室内の温度調整を行っていくことが必要なのだといえますね。
参考:厚生労働省|「熱中症予防のために」
文・川崎さちえ 編集・清見朱里

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 使う時は弱冷で長時間といった様です、本体のON、OFFの繰り返しで電力を最も使うと聞きますから、省電力の状態を保つ様、冷えすぎない様としています彡
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • 使う時は弱冷で長時間といった様です、本体のON、OFFの繰り返しで電力を最も使うと聞きますから、省電力の状態を保つ様、冷えすぎない様としています彡
    • イイネ!1
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定