洗面所の嫌〜なにおい消したい!原因と対策、予防方法まで徹底解説します

0

2020年09月07日 12:10  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

洗面所がにおう場合どうすればいいのでしょうか?原因や対策を詳しく見てみましょう!

【詳細】他の写真はこちら



■洗面台の排水口が臭い!考えられる原因は?
顔を洗おうとしたら、排水口から嫌なにおいが。何が原因なのでしょうか?
・排水トラップの水が足りず下水のにおいが上がってくる

出典:photoAC

下水が臭いことは、新築や新居の洗面所でよくあるひとつで、排水トラップの水が蒸発したことで発生します。
排水トラップとは、排水管がS字型に曲がっている部分のことで、通常パイプが曲がった部分には異臭や虫を防ぐための水が一定量溜まっています。
引っ越してきたばかりのときなど長期間使用しなかった場合に、その水が蒸発してしまい下水のにおいが上がってくるようです。



・ゴミ受けや排水口に溜まった髪の毛やヌメリが原因のことも

出典:photoAC

洗面台のゴミ受けや排水口に、髪の毛やヌメリが溜まっていませんか?ゴミが溜まっているとにおいの原因菌が繁殖してしまい、嫌なにおいの原因になるようです。
ゴミ受けの周りは雑菌やヌメリがつきやすいので、日頃から掃除しましょう。

■洗面台下の収納を開けるとにおいが気になる!
洗面台の下が臭い場合、考えられる原因はふたつあります。
・防臭パーツが原因で嫌なにおいが発生しているかも

出典:photoAC

排水パイプと床を繋ぐ部分には、防臭ゴムがついています。洗面所下に物を収納するときにずれてしまったり、ゴムが劣化して緩んでしまったりすると、パイプとゴムの間に隙間ができてしまい隙間から下水のにおいが発生するようです。



・排水パイプ自体が破損している可能性もある

排水パイプをよく見たらひびが入っていたなんてこともあるようです。ひびが入ってしまった場合も、下水のにおいがひびの隙間からにおってしまいます。この場合は排水パイプを交換しましょう。

■洗面台だけが原因じゃない?洗濯機の排水口も掃除が必要
洗面所が臭い原因は、実は洗濯機周りにあるかもしれません。
・洗濯機の排水口が原因で洗面所がにおうことも

出典:photoAC

洗濯機から水が排出されるときに、髪の毛や糸くずなどのゴミも同時に排出されます。
排水口の周りに溜まったゴミや髪の毛を放置しておくことでカビや雑菌が発生し、嫌なにおいの原因になるようです。

■洗面所のにおいを抑えたい!におい別の掃除や対策方法
嫌なにおいを取り除くには、まずは掃除が必要です!におい別に掃除方法を見ていきましょう。
・カビ臭いときは壁や床のカビを取り除いてみましょう

出典:photoAC

洗面所は浴室と隣り合わせのことが多いため湿気が溜まりやすく、壁や床にカビができることがあります。カビが軽度の場合は、アルコール・重曹・クエン酸で取り除く方法がおすすめです!
カビ予防にも使える掃除方法なので、余ったものはとっておいて普段の掃除にも使ってみてください。

【用意するもの】
●アルコール
●粉末の重曹またはクエン酸
●歯ブラシや雑巾
●霧吹き

【重曹水とクエン酸水の作り方】
*重曹4gに対して水200ml
*クエン酸5gに対して水200ml

【掃除方法】
アルコールや重曹水・クエン酸水をカビ部分に吹きかけます。吹きかけたら歯ブラシでこするか雑巾で拭き、乾拭きをして完了です。



・硫黄臭い場合は洗面台の排水トラップを掃除

出典:photoAC

硫黄臭い場合は、排水トラップから悪臭が漏れている可能性が高いです。排水トラップにゴミが溜まり、腐敗して硫黄のにおいがしているかもしれないので、排水トラップを掃除してみましょう。

【用意するもの】
●粉末の重曹とクエン酸
●ぬるま湯

【掃除方法】
1.重曹1カップを排水口の奥に流し入れ、そのあと粉クエン酸1カップも同じように流し入れる
2.ぬるま湯を排水口へ流して泡が発生したら、そのまま1時間放置
(汚れがひどいときは一晩など長時間浸けてみる)
3.水を流して、泡と汚れをしっかり洗い流す

重曹ではなくパイプユニッシュを使う場合には、15〜30分程度放置し、たっぷりの水で十分に洗い流しましょう。



・生乾臭がするときはタオルやバスマットが原因かも

出典:photoAC

洗面所の布製品が臭いときには、洗濯槽についているカビが原因ということもあります。この場合、洗濯槽の掃除をすると改善するかもしれませんよ。

【用意するもの】
●塩素系クリーナー

【掃除方法】
洗濯槽のゴミ取りネットを外して40〜50℃くらいのお湯を満水まで入れたら、塩素系クリーナーを適量入れて標準・槽洗浄コースで洗いましょう。

以上の方法を試しても生乾きのにおいが改善しない場合には、タオルやバスマット自体を煮洗いするか、漂白剤を使って洗いましょう。



・洗面台が下水臭いときは排水管のトラブルが考えられる

出典:photoAC

水を流すと臭い場合は、排水管にトラブルがあるかもしれません。排水トラップの水がなくなっていることが原因なら、しばらく水を流すことで改善します。それでも改善しない場合は、排水管の根元に隙間がないかチェックしましょう。
隙間があったときは防臭ゴムを取り換えるか、排水口の補修テープや隙間パテを使って隙間を埋めてみてください。

■いろいろ試してもにおいが取れない場合は業者に頼もう
掃除してみたけれどなかなかにおいが取れない。そんなときは無理せずプロに見てもらいましょう。
・マンションやアパートなどの賃貸物件の場合

出典:photoAC

自分で対策を打っても改善されない場合は、洗面所が臭いことを管理会社に速やかに連絡しましょう。管理会社と提携している専門業者に修理を依頼してくれる可能性があります。
費用に関しては、契約内容やトラブルの原因によって異なるので、まずは管理会社に確認してみましょう。



・汚れが取れない、においが改善しない場合は専門業者に依頼しよう

出典:photoAC

長年にわたって蓄積された汚れや、排水管自体が故障している可能性がある場合には、プロに見てもらいましょう。
プロにお任せすれば、適切な方法で掃除や修理をしてくれるので安心ですよ。

■においの対策には日々のメンテナンスが大切!

洗面所の嫌なにおいの原因はさまざまですが、日頃からこまめに掃除しておくことでにおいやトラブルを防げる場合もあります。定期的にメンテナンスを行って、快適に過ごしたいですね。

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定