カビ防止はボタン1つで効果絶大? シーズンオフに実行したい「エアコン」のお手入れ

0

2020年09月07日 19:51  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真写真

「エアコンのメンテナンス」はシーズンオフになるときが大事

エアコンのシーズンはじめにカビ臭さを感じたことはありませんか? カビを含んだ空気を部屋にまき散らしていると考えるとゾッとしますね。

エアコンの内部にできてしまったカビはプロに依頼しないとなかなか綺麗にはできないという話もありますが、普段の使い方やシーズンオフのお手入れの仕方で、エアコンのカビを防ぐことはできるのです。

ここではとくにシーズンオフになるときにやっておきたいエアコンのメンテナンスをご紹介します。

フィルターの掃除は必須

写真は、とあるお宅で撮らせていただいたものです。エアコンのフィルターを取り出したら、右側の状態でした。ホコリの層を潜り抜けた風が部屋にまき散らされていたわけです。この中にはカビ菌も含まれているかもしれません。この状態だと風も出づらくなり電気代もかかってしまいます。
左が掃除後、右が掃除前のホコリだらけのフィルター

シーズン中に掃除するのはもちろんのこと、シーズン終わりには念入りに掃除したいのが、フィルターです。掃除機でホコリを取ってから中性洗剤で汚れを落とし、しっかり乾かしてから元に戻します。

エアコンのカビ防止! ポイントは「送風」

冷房をつけていると室外機の横から水が出てくるのを見たことがある人も多いでしょう。冷房をつけると空気が冷やされるため、エアコンの内部や管にも水滴がたまっています。これがそのままになってしまうと、カビが生える原因になるのです。

そこで冷房シーズンの終わりのメンテナンスとして、半日程度「送風運転」して中の水滴をなくすようにします。必要なのは「送風運転」だけ。送風は空気を冷やすという作業をしないので、中の水分を飛ばすことができます。

シーズン終わりに「送風運転」を行うことで、エアコン内部のカビの発生率はグッと下がるのです。

冷房を長期間使う環境の場合は、シーズン終わりだけではなく、1〜2週間に1度は送風運転することをおすすめします。毎日、最後に送風運転すればさらに効果的です。

ただし最新のエアコンの上位機種には、冷房を切ると自動で送風運転やフィルター掃除をしてくれるものもありますので、まずはご自分が使っているエアコンの性能を確認してください。

とくにそのような機能がついていないエアコンをお使いの場合は、冷房のシーズンが終わるところで今回ご紹介した方法を是非お試しください。次に使うときに快適にエアコンを使うことができますよ。
(文:矢野 きくの(節約ガイド))

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定