パデュー大が紙を入力デバイスに! 折りたためて電源不要

0

2020年09月09日 07:01  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
何の変哲もない紙や段ボールを、キーボードとして利用するようになる日がくるかもしれない。

パデュー大学の研究チームは、紙をキーボードに変えられる印刷技術を開発した。キーボードは折りたたむことができてバッテリーも不要だ。また、特殊なコーディング技術により撥水加工がなされ、水やほこりにも強いという。
テンキーから音楽の再生パネルまで印刷可能この技術では、標準的な紙とインクを使用して、各種ボタンの場所を示すことができる。ボタンはテンキーから音楽の再生パネルまで任意のデザインが印刷可能なようだ。

こうしたインターフェイスのほかに、複数の回路層が印刷できて、インクはもちろん、汚れや水が回路層に影響を与えないようなコーディングが施される。

このことを示したYouTube動画が何本か挙げられており、テンキーを印刷した紙で数字を入力する様子や、音楽の再生パネルを印刷した紙で音量調整や音楽のコントロールをする様子が確認できる。
紙に触れたときの摩擦から電源供給さらに、こうして印刷された入力デバイスにはバッテリーや電源が必要ない。仕組みとしては、ユーザーが紙に触れることによる摩擦電気から電力を供給しているようだ。なお、入力信号はBluetoothで送信しているとのこと。

カスタマイズやスケールアップが容易な同技術は、一時的なキーボードとしてのみでなくさまざまな利用オプションが考えられる。

例えば研究チームは、同技術を物流での信頼性担保に利用しようとしている。配達物を受け取った人は、梱包用の段ボールに署名することで文字認証が行われる。サインパネルは段ボールへ大量印刷が可能で、コストも安く抑えられることから、現実的なソリューションとなり得るだろう。

参照元:Your paper notebook could become your next tablet/ Purdue University

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定