プロ野球・8月の月間MVPが決定!巨人・菅野が2カ月連続、ロッテ・石川は5年ぶり

19

2020年09月09日 13:24  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・菅野智之 (C) Kyodo News
巨人・菅野智之 (C) Kyodo News
◆ DeNA・佐野は初受賞

 プロ野球セ・パ両リーグは9日、8月度の『大樹生命月間MVP賞』受賞選手を発表した。

 パ・リーグは、4勝負けなしのロッテ・石川歩と、月間打率.430をマークした吉田正尚が受賞。石川は2015年9月以来で実に5年ぶり2度目の受賞、吉田は2019年9月以来で1年ぶり3度目の選出となる。


 一方のセ・リーグは、先月に続いての受賞となる巨人・菅野智之と、DeNAの新主将・佐野恵太。菅野は通算8度目、佐野はプロ4年目でうれしい初受賞となっている。


【パ・投手】石川 歩(ロッテ) ☆2度目
【パ・打者】吉田正尚(オリックス) ☆3度目
【セ・投手】菅野智之(巨人) ☆8度目
【セ・打者】佐野恵太(DeNA) ☆初受賞


◆ パ・リーグ

▼ 投手部門


石川 歩(ロッテ)【2度目】
<成績>
4試合(26.0回) 4勝0敗 防御率3.46 奪三振9 自責点 10

☆ 8月度は4試合に登板してリーグトップの4勝。
☆ 登板した全試合で6回以上を投げ、8月のチーム勝率トップタイに大きく貢献した。


▼ 打者部門


吉田正尚(オリックス)【3度目】
<成績>
25試合 打率.430 安打37 本塁打2 打点15 盗塁1

☆ 全25試合に出場して打率・出塁率(.510)・得点圏打率(.474)の3部門でリーグトップの成績。
☆ 安打数もリーグ2位で、25試合中23試合で安打を記録。うち12試合でマルチ安打を記録した。



◆ セ・リーグ

▼ 投手部門


菅野智之(巨人)【8度目】
<成績>
4試合(30.0回) 4勝0敗 防御率1.50 奪三振21 自責点5 ☆完封1

☆ 4試合に登板してリーグトップタイの4勝、防御率もリーグ2位と安定した投球。
☆ セ・リーグ投手の2カ月連続受賞は、2013年5月〜6月の阪神・能見篤史以来で8人目。


▼ 打者部門


佐野恵太(DeNA)【初受賞】
<成績>
26試合 打率.343 安打34 本塁打6 打点22

☆ 26試合に出場してリーグトップの6本塁打(タイ)・22打点を記録。
☆ ほかにも安打はリーグ2位、打率はリーグ3位という好成績で4番の役割を全うした。

このニュースに関するつぶやき

  • 『月間打率.430をマークした吉田正尚』←なおチームは最下位。お願いだから試合に勝ってくれ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ロッテ石川歩投手、おめでとうございます���������ؤ�OK�ࡼ��ロッテ優勝のために、9月も頑張って欲しいです��������
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ニュース設定