dela 藤本南 水着撮影会初参戦、キューティーヒップのしなやかボディに熱視線

1

2020年09月11日 06:30  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

名古屋発の美少女アイドルとして不動の人気を誇るdela。メンバーの沢口愛華は、復活初回の『ミスマガジン2018』でGPを獲得、数多の雑誌表紙を飾り、全国区の人気を得た。その後も近藤真琴、早見紗英など、グラビア映えする逸材を輩出しているが、昨年12月に加入した藤本南も、そんなグラビア映えするボディの持ち主。沢口の弾ける若さとボディとは対照的な、しっとりスレンダー美人で、育尻中の上向きヒップとくびれラインが、今までのdelaにはいないタイプとしていま、注目されている。


新型コロナの影響で、デビューステージを踏まないまま、大規模グラビア撮影会「近代麻雀水着祭2020」に参戦。先に水着撮影会デビューを果たした。そんな美女メンバーを川越まで追っかけ、インタビューを敢行、初々しい水着姿もたっぷり収めた。


―藤本さんはdelaの何期なんですか?

7期です。delaとファッションブランド「w.r.k」コラボオーディションで特別賞をいただいて、去年12月に加入しました。モデルにもなりたかったし、delaにも入りたかったので、“なんて良いオーディションだ”と思いました(笑)


―ライブデビューもしたんですか?

それが、ライブに出ると決まったのですが、新型コロナの影響で3回くらい延期になってしまいました。握手会と物販のお手伝いだけは参加しているのですが、まだデビューステージにも立てていないんです。なのでダンスの自主練をしたり、デビューステージでみなさんにdelaのメンバーとして覚えてもらえるよう、準備しています!


―グラビアをやるきっかけはあったんですか?

そもそもdelaに入るときに“やってみたい”って思っていて、事務所からも“やってみない?”って言われていて。24歳なので、グラビアでもアピールしていけたらと思ってやろうと決めました。


―実際抵抗はなかったですか?

話すのが苦手なので、動画とかは苦手なんですが(笑)、きれいに撮っていただけるならむしろありがたいです(笑)


―グラビア的チャームポイントはなんですか?

おしりを褒められることが多いです。胸がないのでおしり推しですかねー(笑)


―グラビア的な目標は?

やっぱり表紙飾りたいですね。自信もってグラビアやってますって言えますもんね


―delaでグラビアといえば沢口愛華ちゃんの活躍が目立ちますが、どんな印象ですか?

この間の撮影が沢口愛華ちゃんと2人きりだったので、会うのがほぼ初めてだったのもあり、めちゃくちゃ緊張しました。すごい歳も離れているのに(7歳差)しっかりしているし、もう撮られかたが慣れていて、見せ方が本当に巧かったです。先輩というか見習いたい。すごい尊敬します。


―ということは「近代麻雀水着祭」が初めて人前に立ったことですか?

はい、大きなイベントは初めてでした。


―水着での撮影会でしたが、いかがでしたか?

撮影会は初めてですが、『ヤングチャンピオン』さんに載せて頂いたり、水着姿を撮ってもらうっていうのは経験させていただいたのですが、お客さんがたくさんいて緊張しました。


―水着どれも可愛かったですね!

ありがとうございます。黒の王道三角ビキニと、赤のチェックの三角ビキニは事務所から借りまして(笑)、1部と2部がわりとシンプルだったので最後はフリルのついた可愛いデザインの水着を選んでみました!


―思いがけないハプニングとかありました?

ハプニングとまではいきませんが、撮影途中にヘアゴムがちぎれてしまい一瞬焦りました!その後は何事もなく無事にイベントを終えられたのでよかったです!




    ニュース設定