ネット炎上を疑似体験するカードゲーム「大炎笑」発売 「反省して」「調子にのるな」コメントの応酬勝負で炎上の恐ろしさを学ぶ

71

2020年09月15日 13:43  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真2017年にクラウドファンディングで成功を収めたゲームが、「第2版」として一般販売
2017年にクラウドファンディングで成功を収めたゲームが、「第2版」として一般販売

 ネット炎上をシミュレートしたカードゲーム、「大炎笑」が発売されました。価格は2200円(税込)。炎上における感情の動きや恐ろしさを、勝負を通じて学べます。



【画像で見る】ゲームの内容



 「ぷよぷよ」の企画監督を務めた、米光一成さんがゲームデザインを担当。対象年齢は12歳以上で、3人から5人まで参加して遊べます。



 「○○さんってどんな人?」などテーマを決め、参加者がそれに対する「意見」を紙に書いて発表しゲームスタート。各意見の上に手札の「コメントカード」を出して重ね、対戦相手を燃やしていくのがゲームの基本となります。



 カードには「失礼にあたります」「反省してください」「調子にのるな!」といったコメントが記載されており、プレイヤーはこれを読み上げながら、対戦相手の場に重ねていきます。交代で燃やし合い、山札が尽きたらゲームは終了。一番コメントカードをつけられたプレイヤーが「大炎上」認定で敗者となり、謝罪会見を求められます。



 コメントカードの文言は、相手の顔が見えないネットでこそ軽はずみに出てしまいがちな、暴言やあおり文句ばかり。これを対面して直接言い合うことにより、燃やす側・燃やされる側の気持ちを痛感させられる点がこのゲームのキモといえるでしょう。



 「大炎笑」は2017年にクラウドファンディングで販売されており、今回は「第2版」にアップデートしての一般販売。第1版は100以上の学校で教材に採用され、リテラシー教育に活用されているとのことです。


このニュースに関するつぶやき

  • aiueo700の動画を見る。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • いつもやってるから、本でなんか読まなくてもわかるwww
    • イイネ!21
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(45件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定