「バブル期」「晴海時代のコミケ」 道重さゆみ、“ピンクハウス”を着こなす姿がファンの思い出に突き刺さってしまう

341

2020年09月15日 17:38  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真かわいい×かわいい(画像はAmazon.co.jpから)
かわいい×かわいい(画像はAmazon.co.jpから)

 元モーニング娘。の道重さゆみさんがファッションブランド「ピンクハウス」のムック本『PINK HOUSE Shoulder Bag Book AUTUMN&WINTER COLLECTION』(9月14日発売)の表紙モデルに抜てき。かわいさを全面に押し出したビジュアルが「お人形みたい」と絶賛される一方で、ある年齢以上のファンの青春の思い出に突き刺さり、懐かしい記憶を呼び起こしています。



【画像】これぞピンハ! ピンク×フリル×リボンのワンピース



 モー娘。現役時代から「かわいい」を貫き、7月に31歳の誕生日を迎えてもなお「いまの自分が一番かわいい」とアップデートし続けている道重さん。ウエーブがかった髪にリボンを飾り、ピンクハウスの代名詞であるレースやフリルがふんだんにあしらわれた衣装を着こなす姿は夢見るお姫様といった印象です。



 まさに本領発揮といったところですが、道重さんも「お洋服がどれもとても可愛くて撮影は終始幸せでした」とコメント。「どれも可愛くて着替えるたびに、ときめきました」とブログやInstagramの投稿で振り返っています。なるほど、これはいい組み合わせ。



 コメント欄には「お人形さんみたい」「メルヘンの世界から飛び出してきたみたい」と道重さんのビジュアルを絶賛する声がある一方、「さゆが着こなすと時空を超えるものがあるね」と1980年代にピンクハウスが一世風靡(ふうび)した時代を思い出したファンも。



 「バブル期のイメージがする」とかつての記憶を呼び起こすファンや「昔はライブ行くと必ずピンハ着てるグループ居たもんだ」「晴海時代のコミケ会場でピンハフル装備のお姉さんをよく見かけた」「随分前の知り合いでピンクハウスしか着ないって人が居た」と当時を懐かしむ声が見られました。



 なお12日発売のファッション誌『美人百花』15周年記念号では、モデルの美香さん、アナウンサーの宇垣美里さんとともに落ち着いたリアルクローズで表紙を飾った道重さん。全く異なる雰囲気の表紙でそれぞれの“かわいさ”を表現しています。


このニュースに関するつぶやき

  • まだあるのか。根強いな。
    • イイネ!1
    • コメント 1件
  • おじさんたちの年代は、ピンクハウスといえば森尾由美
    • イイネ!180
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(161件)

ニュース設定