子供自転車を選ぶときは安全面を最優先!サイズは合う?おすすめの車種は?

1

2020年09月16日 10:10  mamagirl

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

今回は、子供自転車を選ぶポイントやおすすめの車種をご紹介しますね。


■子供の自転車ってどう選んだらいいの?
まずは、自転車を選ぶポイントを押さえましょう。
・子供の体に合ったサイズを選ぼう
子供自転車を選ぶ際、自転車のサイズは1番大事なポイントです。子どもの体に合っていない自転車だと怪我の原因になりますし、乗りづらいと練習をしなくなってしまう可能性も。子供自転車を買うときは、身長に合うインチ、両足の指が根元までつく高さ、握り込めるサイズ感のブレーキ、という3つのサイズが合う自転車を選んであげましょう。

【詳細】他の写真はこちら

自転車はインチによって乗りやすい身長がおおよそ分かるので、選ぶ際の参考にしてみてくださいね。身長の目安は以下の通りです。
14インチ:92〜107cm
16インチ:98〜119cm
18インチ:103〜125cm
20インチ:111〜140cm
22インチ:116〜145cm
24インチ:120〜151cm

あくまでも目安なので、最初は実際に子供を自転車に乗せてみてインチのサイズ感を見るようにしてみて。サドルに座らせて両足の指が地面に着いてつま先立ちができるものが、ちょうど良いサイズの自転車です。適応身長は車種によっても違う場合があるので、通販サイトで探す場合は必ず適応身長の表記を確認してくださいね。また、年齢が低い子供だとブレーキに手が届かないことや、固くて握りにくいことがあります。ゆったり座った姿勢で、ブレーキが簡単に握り込めるかどうかあわせてチェックしてくださいね。




・子供自転車の安全基準はどこで判断する?

出典:抱っこ紐で自転車に乗るママ、それ違法になってない?法律や規則を再確認@hitomi.sato.7370さん

自転車協会が定めた安全基準に合格した自転車に与えられるBAAマーク。このマークを取得した自転車は、より製品の安全性が高いということになります。安い価格の自転車の場合、安全面が大丈夫なのか不安になることもありますよね。
BAAマークは必須ではありませんが、子供自転車を買う際、有名ブランドでなくても安心して買えるひとつの目安になりますよ。製品の安全基準としては、JISマーク、EN規格もあります。



・アフターフォローをしてくれるお店がおすすめ!
子供が自転車の練習をしていると、失敗して自転車を倒したりぶつけてしまったりすることもあると思います。そうすると、自転車が故障していないか心配になるもの。そういう不安を解消するためにも、アフターフォローがしっかりしているお店で購入することをおすすめします。
アフターフォローの内容は店舗によっても違う場合があるし、作業によっては有償か無償かなどの違いもあるので、購入する際はチェックしてみて。
・車体のカラーは目立つ色だと安全
車から見つけてもらいやすい自転車のほうが、交通事故のリスクを軽減することができそうですよね。モノトーンや紺色といったシックな自転車もおしゃれですが、目立つカラーなら、車や歩行者の視界に入りやすいのでより安全です。
また、子供の好きなキャラクターデザインであれば、飽きずに乗ってくれそうですね。夕方や暗がりで乗ることも考えて、反射鏡が両輪に取りつけられているかも確認を。




・泥除けがあればお気に入りの洋服も汚れにくい!

出典:筆者撮影

泥除けとチェーンカバーがついた自転車なら、はねる泥から洋服を守ってくれますよ。標準装備の車種もあれば、オプションでつけられる車種もありますので、購入する際は確認してみてくださいね。お気に入りの洋服を汚す心配が軽減するので、ママの気持ちも軽くなりそう。



・補助輪はあるのと無いの、どちらが良い?
子供自転車を購入する際、補助輪つきにするか、補助輪なしにするか迷う人も多いのでは?ストライダーなどバランスバイクで遊んでいた子供なら、バランス感覚が養われていることが多いので補助輪なしで自転車に乗れる子もいるようです。そういう経験がない子は補助輪つきの自転車に乗ってゆっくり自転車に慣れていくというのも良いのではないでしょうか。
ただし、補助輪つき自転車には、補助輪がついているため購入時にはスタンドがついていない車種も。スタンドは別売りで、必要に応じて買わなければなりません。補助輪からスタンドへの交換を店舗でお願いした場合、手数料が発生することもあるようなので、補助輪つき自転車を買う際には確認しておくと良いですね。


■おすすめの子供自転車5選
ここでは、おすすめの子供自転車を紹介しますね。
・ペダルなしから乗れるへんしんバイク2

出典:3歳から乗れる自転車をピックアップ!選ぶときのポイントも伝授@tosanohanayomeさん

「へんしんバイク2」は、バランスバイクに専用のペダルシステムを取りつければ、軽量スポーツバイクに変身する優れもの。2歳頃からバランスバイクとして乗ることができるんですよ。
前後にブレーキを標準装備しているので、バランスバイクで遊びながらブレーキで止まる癖がつくのだそう。慣れた車体にペダルがつくだけなので、ペダルを漕ぐことに集中できスムーズに自転車が漕げるようになるそうです。
へんしんバイク2は公式サイト限定モデルで、価格は20,000円(税抜)。カラーはレッド、エメラルドグリーンなど7色、スタンドつきです。



・おしゃれなデザインが人気のa.n.design works

出典:@maffy32meshiさん

おしゃれなデザインが人気の『a.n.design works(エー・エヌ・デザインワークス)』の「Vシリーズ」30,800円(税抜)。スチール製の車体に補助輪とベル、リフレクターがついています。
大きさは14インチ〜16インチで、カラーはホワイトやレッドなど3色。おしゃれに敏感な女の子には、@maffy32meshiさんが購入した、タイヤに星型のスポークがついた「UPシリーズ」もおすすめです。



・親子でおそろいの自転車に乗れるbikke m

出典:3歳から乗れる自転車をピックアップ!選ぶときのポイントも伝授@kyok0222さん

自転車メーカーとして有名な『BRIDGESTONE(ブリヂストン)』の「bikke m(ビッケ エム)」は、子供乗せ電動アシスト自転車「bikke(ビッケ)」のキッズモデル。親子でコーディネートできますよ。
子供の手の大きさに合わせてレバーの位置を調節できるアジャスターつきブレーキレバーや、補助輪をすぐに取ることができる簡単着脱サイドホイールなど、子供の成長に合わせた機能も。16インチで27,800円(税抜)、カラーはホワイトやオールドローズなど4色です。



・カスタマイズができるINNOVATION FACTORY

出典:3歳から乗れる自転車をピックアップ!選ぶときのポイントも伝授@mihooow.15さん

有料で、前後の泥除けやバスケット、車体をデコレーションできるキットなど、子供の好みに合わせたカスタマイズができる『サイクルベースあさひ』の「INNOVATION FACTORY(イノベーション ファクトリー)」。
大きさは14インチから18インチまでそろい、本体価格は16,980円(税込)です。カラーはアイボリーやレッドなど5色。



・ハンドルとサドルの高さが変えられる共伸びサイクル

出典:@maeccho_25さん

『people(ピープル)』の「共伸びサイクル」は、サドルとハンドルの高さが調整でき、最大で4歳から9歳までの5年間乗ることができる子供自転車です。背筋が伸ばして運転しやすいように座骨の幅に合わせたサドルや、人間工学に基づいたグリップ形状で子供の運転しやすさをサポートしています。
18インチで、カラーはディープターコイズとブルーミングピンク。価格はオープン価格で、20,000円前後で買えるようですよ。サイクルショップのほか、『トイザらス』でも購入可能。

■いっしょに買っておけば安心!オプショングッズ
ここでは、自転車といっしょに購入しておくと安心できるグッズについて紹介しますね。
・何かあったときに頭を守ってくれるヘルメット

出典:筆者撮影

ヘルメットの着用は法律で義務として定められています。購入する際は、サイズの確認を忘れないでくださいね。軽く頭を振ったときにズレるヘルメットはNG。
デザインや形も、スポーティーなもの、かわいいもの、後頭部まで覆われたものなどいろいろあるので、見てみてくださいね。サイズを調整できるヘルメットもありますよ。



・衝撃から守ってくれるキッズプロテクター

出典:筆者撮影

自転車に乗り始めて慣れるまでは転倒しやすかったりしますよね。そういうときに、怪我をしやすい肘や膝、手首などを守ってくれるのがキッズプロテクターです。購入する際は、年齢や体のサイズに合ったものを選んで。
体に合わないものを使うと転倒につながり危険。調節機能としてベルトがついている場合は、しっかりと装着しましょうね。



・盗難防止にはワイヤーロックを

出典:筆者撮影

子供用の12〜18インチの自転車とスポーツサイクルには、ママチャリのような前輪や後輪に固定するタイプの鍵は、フレームの構造上取りつけることができないのだそう。そのため、防犯のためには携行タイプの鍵をつける必要があります。
ワイヤーロックが一般的なようです。鍵で開閉するタイプとダイヤル式の鍵がついているタイプの2種類から選びましょう。



・自転車保険に加入しておけば、もしものときも安心
自転車保険で補償されるのは、事故などを起こしたとき自転車に乗った人の怪我をカバーする傷害保険と、怪我を負わせてしまった相手へ補償する個人賠償責任保険のふたつ。医療費や損害賠償請求は高額になる場合があるので保険には入っておきたいですね。
これらの保険は、加入している自動車保険や火災保険で補償できる場合がありますので、契約内容を見直してみて。


■どうやって自転車の乗り方を練習したら良い?
さて、自転車は買ったけれど、どうやって自転車の練習をしたら良いのでしょうか?
・親が教える場合のポイントは見守ること
三輪車と違って、自転車はバランスを取るのが難しい乗り物。まずは、両足を地面につけて足を使って前に進む練習をしましょう。バランス感覚が慣れてきたら、こぐ練習を。自転車初体験の子供にとってペダルは重く感じるため、ゆるい坂道で練習するのがおすすめ。
怪我をしやすい時期なので 、すぐに支えられるよう大人がそばについていてあげてくださいね。自転車に対する恐怖心を取るためにも、じっくり時間をかけて慣れさせて。
一定の距離をまっすぐ走れるようになったら、最後はハンドル操作の練習です。広い場所でコーンなどの障害物を避ける練習をしてみましょう。
広い公園などで、周りの安全を確保したうえで練習してくださいね。子供が自転車の乗り方を取得するにはかなりの時間を要するため、途中でやる気を失ってしまう場合も。頑張って!どんどん上手になっているよ!といったポジティブな言葉を心がけ、辛抱強く見守ってあげることが大切です。
・子供が参加できる自転車教室があるの?
地域によっては、子供が参加できる自転車教室がありますよ。へんしんバイクは、満3歳以上6歳までを対象に、30分で乗れる自転車教室を全国で開催しています。現在は新型コロナの影響で自転車教室を開催できないため、オンライン自転車教室を始めたようです。
また、東京では「JCA神宮外苑サイクリングセンター」で5歳以上8歳までが対象の自転車の乗り方教室が行われています。
大阪では、「自転車博物館」主催の5歳以上を対象にした自転車乗り方教室や、「関西サイクルスポーツセンター」の5歳以上を対象にした初心者自転車教室が開催されていますよ。それぞれの開催場所や日時、参加費などは公式HPで確認してくださいね。


■子供に合った自転車で楽しく練習をしよう!
今回は、子供自転車の選び方やおすすめの車種を紹介しました。安全面に気をつけて選ぶのはもちろんですが、子供が好きなカラーやデザインも参考に選べば、子供も積極的に自転車の練習をするかもしれませんね。ぜひ、親子で自転車選びを楽しんでください。

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定