伊勢谷友介容疑者との破局報道も森星にとばっちり!? 憶測のもとにある人間関係

0

2020年09月16日 16:13  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

 俳優の伊勢谷友介容疑者が大麻取締法違反の疑いで8日、警視庁に逮捕された。その後、メディアの関心が集まったのは、一時期同棲状態が報じられていたモデルの森星との関係だった。

 一部スポーツ紙によると、歴代の恋人とは1年ほどで破局してきた伊勢谷容疑者だが、森との交際期間は過去最長となる4年に及んでいたものの、今春までに破局。森はかつて伊勢谷容疑者との“愛の巣”だった、伊勢谷容疑者の自宅マンションで大麻が見つかったことに、大きなショックを受けているというのだ。

「伊勢谷容疑者といえば、DV癖があるにもかかわらず、アメとムチを使い分けて交際相手を“洗脳”していたことが知れ渡ってしまった。おまけに、20年以上前から大麻に手を染めていたという報道もあり、となると、必然的に歴代の交際相手たちにも、少なからぬ疑惑の目が向けられてしまう」(ワイドショー関係者)

 事務所が破局を認めているものの、森本人がまだ直接コメントを発表していないことにも、不信感を持たれてしまっている。そうした中で、彼女に対する疑惑が浮かび上がっているのには、あるモデルの逮捕が関係しているという。

「2019年3月にあるモデルが、自宅に合成麻薬MDMAを所持しており麻薬取締法違反容疑で懲役1年執行猶予3年の判決を受けています。このモデルの逮捕がきっかけとなって、伊勢谷容疑者の名前が浮上したと言われているのですが、実はそのモデルは自身のインスタグラムに森との2ショット写真を掲載するなどかなり深い仲であることをアピールしていた。そのため、森もすっかりそのモデルの“薬物ネットワーク”に取り込まれてしまったのでは、と危惧されていたんですよ。案の定、伊勢谷容疑者の逮捕劇となってしまった」(週刊誌記者)

 いわずもがな、付き合いが深いからと言って、本人も薬物に手を染めているとは限らないのは当然のこと。いくら仲が良かったとしても大麻とMDMAと種類も違っており、事務所も交際の終了を断言している中で、本人からコメントが出ないのは当然とも言えるだろう……。

    ニュース設定