「声がかすれてつぶれてしまう」「肺に違和感」 庄司智春、新型コロナの後遺症を告白

326

2020年09月16日 16:20  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真退院から約半月たったいまの庄司さん(画像はYouTubeから)
退院から約半月たったいまの庄司さん(画像はYouTubeから)

 お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春さんが9月15日、自身のYouTubeチャンネルを更新し自宅へ向かう車内で撮影した動画を公開。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)感染後、胸への違和感や声のかすれなど違和感を語り「本調子でないのは発声の仕方で分かる」など庄司さんの体調を気遣う声があがっています。



【画像】「マッチョが細マッチョに」退院直後の庄司さん



 庄司さんは8月14日に新型コロナウイルスの感染が判明して入院。約2週間後の30日に妻の藤本美貴さんが退院を報告し現在は徐々に仕事へも復帰していますが、まだ本調子とはいかないようで、1人で10分ほどしゃべる今回の動画も本格復帰へ向けた「ちょっとしたリハビリ」としました。



 「個人差はある」と強調しながらも、庄司さん自身は、胸(肺)に痛みや違和感などの後遺症があると告白。また退院時に妻の藤本さんが「マッチョが細マッチョになって帰ってきました」と表現していた通り、入院していた2週間で全身の筋肉がかなり落ちたとも。入院中はせき込むことが多くほとんど会話をする機会がなかったため「喉の筋肉も衰えている」「声がかすれてつぶれてしまう」と苦しそうにしゃべっています。



 新型コロナウイルスへの感染、入院を経て「仕事がとても楽しい」「月並みですけど家族と食事をできることや、普通の生活を送れることが本当にありがたい」と日々の生活で感じた幸せを語った庄司さん。退院後は啓発の意図もあってか自身の病状や実体験を積極的に発信しており、退院翌日にもYouTubeチャンネルを更新し「重症でもないが軽症でもなかった」「本当につらかったです」と詳細を赤裸々に語っていました。



 リハビリ動画にはファンから「本調子でないのは発声の仕方で分かります」「無理せずのんびりゆったり投稿して頂けたら」と気遣うコメントも。また「ここまで回復できて良かった」「無理はするなよ!」「普通が一番ですね」と庄司さんの回復を喜ぶ声も見られました。


このニュースに関するつぶやき

  • 自分は重症化は心配してないけど、それなりの人に後遺症が残る可能性があると聞いたので、やっぱりコロナは怖いと思う。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • コロナの後遺症は様々なんだよね。発熱を繰り返したり、味覚や聴覚だったり。しかも後遺症の期間も数ヶ月。死亡率は低くても長期化する後遺症は驚異ではある。
    • イイネ!308
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(202件)

あなたにおすすめ

ニュース設定