天国に逝った猫に手紙を書いた5歳女児に返事が届く 郵便配達員の心遣いが温かい(英)

4

2020年09月16日 21:42  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真星になった猫に手紙と写真を送った女児(画像は『Mirror 2020年9月7日付「Kind-hearted postman writes back to little girl who sent letter to her cat in ‘heaven’」(Image: Caters News Agency)』のスクリーンショット)
星になった猫に手紙と写真を送った女児(画像は『Mirror 2020年9月7日付「Kind-hearted postman writes back to little girl who sent letter to her cat in ‘heaven’」(Image: Caters News Agency)』のスクリーンショット)
大好きだった猫を病気で亡くした5歳の女の子が天国に逝った猫に手紙を書いたところ、思いがけず返事が届いた。返信の手紙は、宛先が「天国」であることに気付いた郵便配達員が女の子を思いやって書いたものだった。心温まるニュースを『Mirror』『Storypick』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

英ウォルトン・オン・テムズに住む5歳のナヴェア・レーヴェちゃん(Nevaeh Lowe)は、赤ちゃんの頃からずっと猫の“ティン・ティン(Tin Tin)”と一緒だった。しかし今年初め、ティン・ティンは心臓の機能が低下し、家族は安楽死を選択。ナヴェアちゃんはベストフレンドを失った。

そして今年8月のこと、ナヴェアちゃんは「ティン・ティンは大丈夫かな。一人ぼっちで寂しくないかな」と心配でたまらなくなり、天国で星になったティン・ティンに手紙を書くことにした。


「天国の雲の中で一番輝いている星、ティン・ティンへ」

「あなたがいなくてとっても寂しいの。あなたはこれまでで最高の猫よ。大好きだし、あなたのことは絶対に忘れないからね。(あなたと私が一緒に写った写真を入れたから)大切にしてね。大好きよ。ナヴェア。」

ティン・ティンへのラブレターのような娘の手紙を見た母タマラさん(Tamara、26)は、「どうしても愛猫に手紙を届けたい」というナヴェアちゃんに「天国は手紙を届けるにはちょっと遠すぎるかもしれないわよ」と伝えつつ、一緒に郵便ポストまで行って手紙を投函したのだった。


それから1週間後、ナヴェアちゃんのもとに小包が届いた。それは天国のティン・ティンからのもので、猫のぬいぐるみや本1冊とともにこんな手紙が同封されていた。

「ベストフレンドのナヴェアへ」

「手紙と、僕と君が一緒の写真を送ってくれてありがとう。本当に嬉しかったよ。それは今、天国にある僕のフワフワのベッドのそばに置いてあるんだ。」

「君に知ってもらいたいのは、僕が元気で友達もできたってこと。それに猫同士で昼寝をすると、友達の1匹で“ティブルズ(Tibbles)”って名前の奴が凄いイビキをかくんだ。ご飯も出るし、天使たちが僕のお世話をしてくれてるよ。」

「僕がいなくて、君は寂しく思ってるよね。でも悲しまないで。小包の中に僕によく似た小さな猫のぬいぐるみを入れておいたから、寂しくなったらその猫を抱きしめて。僕たちが以前、いつも寄り添っていたようにね。それから『MOG』という(天国ではセレブの猫の)本を入れてあるから、ママと一緒に読んでね。」

「もし僕と話をしたくなったら、夜空を見上げて一番輝いている星を見つけてよ。(星になった)僕はいつでも君の話を聞くからね。」

「永遠のベストフレンドへ。ティン・ティン(猫の足のマーク)」


天国から届いた贈り物に、タマラさんは「私も娘もまさかティン・ティンから返事が来るとは思っていなかったので、本当に驚きました。そして娘が包みを開けているのを見ていたら、胸に熱いものがこみ上げてきたのです」と語り、送り主について次のように明かした。

「実はあの小包は、ナヴェアの手紙を目にした郵便事業会社『ロイヤルメール』の職員の男性が送ってくれたものだったのです。温かい手紙だけでなく、本やぬいぐるみまで添えてくれて…。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。」

「ベストフレンドのティン・ティンがいなくなってからのナヴェアは、しっかりと眠れない日が続きました。ナヴェアはいつまでもティン・ティンのことが忘れられず、前に進むことができなかったのです。」

「そんなナヴェアを救ってくれたのが、郵便配達員の男性でした。ナヴェアは『ティン・ティンは天国で幸せなんだ。自分がティン・ティンのそばにいなくても大丈夫なんだ』と知って安心し、心の中できちんとお別れをすることができたのだと思います。今では睡眠も元に戻りつつあり、以前よりもずっと明るくなりました。」

「ナヴェアは毎晩寝る前に、空を見上げて『おやすみ』と言うのです。ティン・ティンが天国から見てくれているのをちゃんとわかっているのです。そして『ママ、私もう寝るからね』と教えてくれるのです。」


なおタマラさんは、ティン・ティンから届いた手紙をFacebookに投稿し、この郵便配達員の男性を探し当てている。タマラさんは「男性とは直接話をすることができなかったのですが、彼の妻は『私たちも猫を飼っているのですよ。だからナヴェアちゃんが悲しむ気持ちが痛いほどよくわかるのです』と明かしてくれました」と嬉しそうに語っている。

画像は『Mirror 2020年9月7日付「Kind-hearted postman writes back to little girl who sent letter to her cat in ‘heaven’」(Image: Caters News Agency)』『Tamara Lowe 2020年8月28日付Facebook「I HAVE FOUND HIM!! Thankyou for your help Facebook!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

このニュースに関するつぶやき

  • ええ話や・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定