巨人・サンチェス、5回5失点 真中氏「5回まで投げられたのは良かった」

13

2020年09月17日 21:24  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・サンチェス (C) Kyodo News
巨人・サンチェス (C) Kyodo News
● 巨人 0 − 11 阪神 ○
<16回戦・東京ドーム>

 巨人のサンチェスは5回5失点で3敗目を喫した。

 サンチェスは初回、先頭の近本光司にいきなり先頭打者本塁打を浴びると、陽川尚将に押し出し四球で2点を失う。2回にもサンズ、大山悠輔に適時打を打たれ、2回までに5失点。3回以降も走者を出しながらの投球も、スコアボードに0を入れ、なんとか5回まで投げた。

 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−阪神戦』で解説を務めた真中満氏は「立ち上がり初球、近本にホームランにされたので、そこからバタバタした投球になってしまいましたよね。普段のサンチェスは空振りの取れる投球なんですけど、コントロールも苦しみましたし、ファウルで粘られるシーンが非常にありました。本来の投球ではありませんでしたね。ただ5回まで投げられたのはチームにとって良かったですね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • まあこの三連戦は、連敗さえしなければ問題ないものだったし坂本岡本を休ませて若手の力量を見ることもできたので来年以降の編成の情報も得たので良かったものになった
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 巨人の完封負け試合は最高の試合!
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定