愛猫の爪に「いっだぁぁぁ!」 猫の肉球に癒やされる飼い主の悲劇を描いた漫画が楽しい

3

2020年09月17日 22:03  ねとらぼ

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真飼い主の悲劇とは……
飼い主の悲劇とは……

 愛猫の肉球に踏まれて癒やされる飼い主の悲劇を描いた漫画が、海原こうめさんのブログに掲載されています。それでも癒やされたいの……!



【画像】漫画を読む



 黒白の「ヤタ」さんと茶白の「ナギ」さんの兄弟猫をこよなく愛する海原さんの最近のマイブームは、寝ている猫ちゃんの前足をそっとつかみ、自分の頬に優しくのせ、その肉球のあたたかさを味わう“アンダーザ肉球”。



 冷房で疲れた体に、肉球のほんのりとしたあたたかさは抜群の癒やし効果を発揮! 頬に感じる肉球の感触に、ほわぁ〜んとした幸せに包まれる至福のときです。しかし、この癒やしタイムにはスリルも潜んでいて……。



 そのスリルとは、猫ちゃんによる「フミフミ」。ときおり、前足でギュっと強めに頬を押されることがあり……さらに、そのときに爪が出ていようものなら……頬に食い込むかわいい愛猫の爪に「いっだぁぁぁ!」と、思わず絶叫して起き上がるほどの痛みを味わうことになります。



 そんなフミフミが来るかもしれないというハラハラ感や、爪が刺さったときの痛みと悲しみにおびえながらも、なお肉球に癒やされたい海原さん。爪対策として、比較的爪の出し入れが穏やかなイメージのヤタくんが主に「肉球担当」に指名されているそうです。



 海原さんのブログやTwitter(@koume_umihara)では、夫・リロさんとのほほえましい日常や、2匹の猫ちゃんに愛情をさく裂させている様子がたくさん見られますよ。



画像提供:海原こうめ(@koume_umihara)さん


    ニュース設定