カプコン、Switch向け『モンハン』新作2本発表 『モンスターハンターライズ』来年3・26発売

198

2020年09月17日 23:51  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真Nintendo Switchで来年3月26日に発売される『モンスターハンターライズ』
Nintendo Switchで来年3月26日に発売される『モンスターハンターライズ』
 カプコンが17日、『モンスターハンター』のシリーズ最新作『モンスターハンターライズ』と、モンスターと絆を結ぶ「モンスターライダー」となり冒険するRPG『モンスターハンターストーリーズ2 〜破滅の翼〜』を、Nintendo Switch向けに発売することを発表した。『モンスターハンターライズ』は2021年3月26日、モンスターハンターストーリーズ2 〜破滅の翼〜』は2021年夏に発売される予定。

【プレイ画像30枚】これが『モンハン』新作!狼?に乗って狩り!!

 『モンスターハンターライズ』(価格パッケージ版が7990円(税別)、ダウンロード版が7264円(税別))は、狩猟に新風を巻き起こし、縦横無尽に躍動するハンティングアクション。思いのままに翔けあがれる新たなハンティングフィールドで、全く新しいモンスターたち、災禍「百竜夜行」に挑む「カムラの里」を舞台に、かつてない狩猟体験をすることができる。

 新システムは、指示した方向へと飛び、 特殊な”鉄蟲糸(てっちゅうし)”でハンターを引き寄せてくれる翔蟲(かけりむし)。 険しい崖や岩場など道なき場所への高速移動はもちろん、 武器種ごとの特色豊かな攻撃と組み合わせることで、 新たなハンティングができる。先行して、モンスターのマガイマガド、アケノシルム 、オサイズチ、ヨツミワドウのビジュアルが公開された。

 また、冒険の”オトモ”(サポートキャラ)では、 新たに「オトモガルク」が登場。オトモガルクは、ハンターと連携した積極的な攻撃をはじめ、 その背中にハンターを乗せて移動するなど、攻撃的なサポートをする。 ガルクに乗っている間は自由に操作でき、 ハンターのスタミナを消費せずに、 どこまでも素早くフィールドを移動できる。 移動中は一部のアイテムの使用や回復などの行動も可能だ。

 シリーズおなじみのオトモアイルーも登場し引き続き、 多種多様なサポートでハンターの狩猟を支えてくれる。 オトモガルクとオトモアイルーは、 シングルプレイでは合わせて2匹を狩りに連れて行くことができ、 その組み合わせは自由。 他のプレイヤーとの通信プレイでも1匹を同行可能。

 『モンスターハンターストーリーズ2 〜破滅の翼〜』は、「モンスターハンター」シリーズのおなじみのモンスターが多数登場し、ともに冒険して、モンスターとライダーの絆が織り成す物語。『モンスターハンターライズ』との連動要素も用意する。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • ガルクのぬいぐるみ付きの買おうか迷う。スヤスヤしてるの可愛いけど、ちょっと大きいかな。でも買っとかないと後悔するんだろうなぁ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 『モンハンの何が面白いのかわからん』←バカだからわからないんじゃない?わからなくていいから消えてくれ。
    • イイネ!24
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(113件)

オススメゲーム

ニュース設定