マツコ・デラックス、突然すぎる『ホンマでっか!? TV』卒業に視聴者が騒然

2

2020年09月18日 00:12  日刊サイゾー

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真マツコ・デラックス
マツコ・デラックス

 9月16日に放送された『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)のラストで、10年間番組のレギュラーメンバーを務めたマツコ・デラックスの卒業が発表された。なんの予告もなく突然発表された人気メンバーの卒業に、視聴者からは驚きの声が寄せられている。

 この日の同番組のテーマは前半が「田舎暮らしの最新事情」、後半は「知らないとヤバいハラスメント」。前半では「ビルとか見ていると夢と欲望と金に押しつぶされそうになる」と語るゲストのKis-My-Ft2・北山宏光に同調し、マツコ自身も田舎暮らしに憧れていると告白した。

「最後東京で死にたくない。死ぬときには猫みたいに、ひっそりと森のなかで死んでいきたいのよね」とやや神妙な面持ちで語るマツコだったが、司会の明石家さんまに「(猫と言うよりも)象やろ!」と突っ込まれると、「体積は象かもしれないけど、精神の問題を言ってるのよ!あたしは!」と、いつも通りのキレキレトークを展開し、大きな笑いに包まれていた。

 後半でも、現代社会のさまざまなハラスメントに、マツコをはじめとするレギュラー陣が突っ込みを連発し、番組は大盛り上がり。それだけに、最後にいきなり流れた花束を抱えるマツコの写真と本人のコメントなしの簡素なアナウンスは、視聴者に大きな衝撃を与えた様子。ネット上には「マツコさん卒業なの?! 唐突過ぎてびっくり! マツコ・和歌子コンビが面白いのに」「ハッ!え? ホンマでっかの終わりにサラッとマツコさん卒業したんやけど…おいおい…どういうことや」「マツコ・デラックスがホンマでっか卒業なんて寂しい。 あのツッコミ具合が好きだったんだけどなぁ、残念」と、困惑と労いの声が一斉に上がっていた。

「現在マツコが多数のレギュラー番組、それもほぼMCとして出演している事情を考慮すると、『ホンマでっか!? TV』はいつ卒業してもおかしくなかった。この番組ではMCではなく、ひな壇タレントのひとりとして出演していますからね。しかし、10年も出演し続けた番組に何のコメントもなく卒業したのは、いささか不可解ですね。これからしばらくネット上で憶測が飛び交いそうです」(芸能ライター)

 偶然にも番組中の発言が前振りとなり、猫のようにひっそりと番組を去ることになったマツコ。ひとつ番組を降りたところでまだまだ多忙であることに変わりはないが、今の胸中はいかがなものだろうか。

    ニュース設定