小出恵介がスキャンダルからの3年間を独占告白『婦人公論』 誌面にはSixTONES 松村北斗も登場

1

2020年09月18日 12:02  リアルサウンド

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 草笛光子が表紙を飾った『婦人公論』10月13日号が、2020年9月23日に中央公論新社より発売される。


関連:『のだめカンタービレ』メンバーがリモートトーク? 書き下ろし番外編で描かれた、のだめたちの現在


 今号では、2017年にスキャンダルが発覚し活動を休止、公の場から姿を消していた小出恵介が「沈黙の3年間」を独占告白。8月には芸能界に復帰することが発表された小出だが、いったい彼の身に何が起こり、事件とどう向き合い、どこで何をして暮らしていたのかーー。空白の3年間と、芸能界復帰にかける思いと覚悟を、騒動後初めてのインタビューで語った。(連載「ジャーナリスト・中村竜太郎の会いたい人に会いに行く!」6ページ拡大版に登場)


 さらに、SixTONES 松村北斗もカラーグラビア&インタビューで、カラー5ページに登場。アイドルとしての活動にとどまらず、数々のドラマに出演し演技力においても注目を集める松村に、デビューまでの道のりや俳優業、グループ活動にかける思いを訊いた。


 そのほか、タサン志麻、ブレイディみかこのインタビュー、池畑慎之介×つんく♂、関根勤×関根麻里らの対談も掲載されている。


    ニュース設定