渋谷に佐藤琢磨の“グリコポーズ”登場! インディ500優勝祝福メッセージが駅前ビジョンで放映

1

2020年09月18日 13:31  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真第104回インディ500を制し、マシンの上でグリコポーズを披露した佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)
第104回インディ500を制し、マシンの上でグリコポーズを披露した佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)
 インディカードライバーの佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)をサポートしている江崎グリコは、8月23日に行われた第104回インディ500で琢磨が自身2度目となる優勝を飾ったことを記念し、9月18日から24日まで渋谷駅ハチ公口・スクランブル交差点エリア一帯のビジョンを使い30秒の祝福メッセージを放映すると発表した。

 F1モナコグランプリ、今週末開催のル・マン24時間レースとともに“世界三大レース”のひとつに数えられるインディ500。今年で104回の開催を数える伝統の1戦において琢磨は2017年以来、3年ぶり2回目の優勝ドライバーとなった。
 
 この快挙を記念し、琢磨のモータースポーツ活動を支援する江崎グリコは30秒の祝福メッセージ動画を製作。18日(金)を皮切りに24日(木)までの1週間、渋谷駅前スクランブル交差点エリア一帯に設置されている屋外ビジョンで放映されることとなった。

 ムービーの冒頭では、複数のビジョンでそれぞれ異なる素材を放映できる特性を活かし、マシンが猛スピードで通り過ぎるようなダイナミックな臨場感が演出されている。また、中盤には琢磨が優勝後に披露し大きな話題を呼んだ“ゴールインマーク”のポーズ(通称:グリコポーズ)が、大阪・道頓堀に続いて東京でも登場するという。

「2017年に初優勝した際に自然に飛び出したガッツポーズが、たまたまグリコさんのポーズに非常に似ていたため、『せっかくだったら完璧なグリコポーズをやってほしい』という声が僕のところにいくつも届きました」と、勝利後に披露されたゴールインマークの実行に至った経緯を語った琢磨。

「インディ500のビクトリーレーンという最高峰の舞台で、ファンの方との約束が果たせてうれしかったです。片足を上げての完全なグリコポーズを決めることができました。道頓堀の巨大看板にもふたたび登場させていただいて、感謝しています」

「グリコさんには、東日本大震災直後に立ち上げた復興地応援プロジェクト“With you Japan”にもご支援いただき、キッズカートプログラムに関してはグリコさんと一緒に活動をしてきていますので、これからも、さらに多くの子どもたちにスポーツの素晴らしさを伝えていきたいです」

 琢磨の快挙を祝福するメッセージは平日、土日ともに放映が予定され、平日は9〜24時の毎時09分30秒、同39分30秒から。土日は9〜24時の毎時09分30秒、同25分00秒、同39分30秒というスケジュールで実施される。
 
 史上20人目となるインディ500マルチ勝利を達成した佐藤琢磨。その雄姿を渋谷駅前のマルチビジョンで実際に目にしてみては。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定