ドコモ、ミリ波の5Gサービス提供へ 対応エリアは全国164カ所

1

2020年09月18日 17:12  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真NTTドコモによる発表
NTTドコモによる発表

 NTTドコモは9月18日、28GHz帯の「ミリ波」を利用した5G通信サービスの提供を23日に始めると発表した。対応エリアは成田国際空港や羽田空港、渋谷スクランブルスクエア、JR大阪駅や京都駅など164カ所を予定する(9月末時点)。



【その他の画像】



 ミリ波の5Gは受信時最大4.1Gbps、送信時最大278Mbpsで提供し、2020年冬以降は対応機種のソフトウェア・アップデートにより4.1Gbps/480Mbps(受信/送信時最大)で通信できるようになる。すでに提供している「Sub6」(3.7GHz帯/4.5GHz帯)の5Gに比べ、高速な通信が可能としている。



 対応機種はモバイルルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」。20年冬以降、ドコモが提供するスマートフォン「arrows 5G F-51A」「Galaxy S20+ 5G SC-52A」が対応するという。


このニュースに関するつぶやき

  • そんなに通信速度上げる必要が在るのかね??
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定