共通の記憶を持つ吸血鬼と女子高生の“令和血鬼譚”「GORSE」1巻、描き下ろしも

0

2020年09月18日 21:12  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「GORSE」1巻
「GORSE」1巻
徳川トモ・田中渉原作、兄崎ゆなによる「GORSE」1巻が、本日9月18日に発売された。

【大きな画像をもっと見る】

マンガワンと裏サンデーで連載されている「GORSE」は、共通の記憶を持ち、とある人を探す“旅”をしている吸血鬼の須郷と今どきの女子高生・マナを軸とした作品。物語はあるミッションスクールで猟奇的な事件が起きたことから始まる。真相を探るべく須郷とマナは学園で潜入捜査を開始。そこで2人が知ることとなった真実とは。“正体不明の新進作家”の徳川トモが原案を手がける令和血鬼譚だ。単行本の巻末には描き下ろしマンガが収録された。

    オススメゲーム

    ニュース設定