【簡単】美容院に行けなくても…「中途半端な髪」を綺麗にまとめやすくする方法

1

2020年09月19日 06:41  ウレぴあ総研

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
ショートヘアが伸びきっているとき、ひとつにまとめるのも一苦労するような、中途半端な長さの髪のときって、扱いが結構大変ですよね。

【ヘアケア】プロに聞いた!「髪がオバさん化」しない4つのケア法

このまま綺麗に伸ばし続けたいときとは別に、切りたいけれど切れない事情、例えば、仕事に家事に忙しくて、美容院に行く時間の都合がつけられなかったり、今のご時世なるべく外出を控えたかったり、出費をできるだけおさえたかったりすることで“やむを得ず”切らないようにすることもあるでしょう。

そんなとき、できるだけこの中途半端な髪をまとめやすくして、身だしなみも綺麗に整えるコツ。ママ美容師の高倉里美さんに教えていただきました。

■中途半端な髪…ショートヘアandボブスタイルの場合

ショートヘアやショートボブの場合、綺麗な形をキープするためには目安として1ヶ月〜1ヶ月半経過した頃にカットをしないと、美しいフォルムをキープすることはとても難しくなってきます。

この期間を経過すると、まず最初に「扱いづらいな…」と感じる兆候として、ひとつは、頭頂部がぺちゃんこになりがちになるということ。

あとひとつ。これが扱いづらくなる決定的なことなのですが『ある一定の箇所だけボリュームが出過ぎてしまう』ことが挙げられます。これらはすべて、髪が伸びたことにより、髪が言うことをきかなくなってしまっているからのこと。

そこで、どうすればいいか。

まずはお風呂上がりにすぐ、ドライヤーで髪を乾かします。生乾きにならないよう、しっかり乾かすことがポイントです。

その後、ボリュームダウンしたい場所にヘアクリップを留め、寝る前にクリップを外します。

留める箇所の一例として、耳のすぐ後ろあたりの髪にヘアクリップを留めると、膨らみやすい髪をちょうどよく抑えることができます。

また、留める時には、内側の髪にヘアクリップを留めるようにしてください。表面の髪まで留めてしまうと、ヘアクリップの跡が残ってしまうからです。

翌朝、メイクをする前に、同じようにボリュームダウンしたい箇所にヘアクリップを留めて、身支度をします。メイクが完了したら、ヘアクリップを外します。

たったこのひと手間で、ボリュームダウンができて、まとまりやすくなりますよ。

■中途半端な髪…ボブやセミロングの場合

ショートボブからボブへ、ボブからセミロングへと、ヘアスタイルを大きく変更したいときの伸ばしかけヘアさんの場合。

ひとつにラクに束ねられる長さになるまでは、肩についた毛先がはねて、どうにもまとまらないときに「扱いづらい…」と感じることが多いですよね。

そんなときには、ヘアアクセサリーを使うのが最適です。最も適しているのは、ターバンです。

ターバンを使うと、顔の周りをタイトにしてくれるため、すっきりと整った印象に見せることがとても簡単にできるんです。

しかも、ターバンをつけるだけでオシャレに見えるという嬉しい効果もついてくるので、伸びかけヘアさんにはおすすめなんですよ。

また、ターバンの色や柄次第で明るい印象にしやすいことから、しっかりメイクをしなくても素敵に見せてくれるので、忙しいママにぴったりです。

■中途半端な髪…美容院頻度が激減してまとまらない場合

美容院になかなか行けない、つまりプロのメンテナンスがなかなか受けられない状態のとき。

この時期は、紫外線の影響もどんどん蓄積し、カラーリングした髪も退色が進むにつれて毛先がパサパサになることをきっかけに「扱いづらい…」と感じることでしょう。

そこで、少しでも扱いやすくするためには“髪が濡れている状態のケア”を見直すことをおすすめします。

具体的には“シャンプーで頭皮の汚れを落とし、髪の毛をコーティングするまで”です。どちらが欠けても、扱いづらさはなくなりません。

『ダイアン パーフェクトビューティー ミラクルユーシャイン!シャイン』は、扱いづらさを軽減してくれる、今時期におすすめのシャンプー&トリートメント。

光の反射と髪のツヤに着目したシリーズで、髪の芯まで保湿するプラチナゴールドケラチン配合でダメージヘアをしっかり保湿。毛先までしっかりコーティングしてくれるから、パサつきを気にならなくしてくれるんですよ。

美容院に行けない分、セルフケアは怠らないことが、中途半端な髪を扱いやすくする基本になります。



中途半端な髪との闘いは、これで勝利!整った髪を手に入れて、その日一日のモチベーションも上げてくださいね。

【取材協力】高倉里美さん
年間3,600名の髪を結う、ヘアセットのプロフェッショナル美容師。
ヘアメイクアーティストとして、ブライダル、舞台、講師としても活躍中。
    ニュース設定