「鬼滅の刃」緑川光、諏訪部順一…豪華キャストすぎる“鬼”たちを振り返ってみた【“鬼”特集vol.1】

4

2020年09月19日 11:22  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真『鬼滅の刃』お堂の鬼(声:緑川光)(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
『鬼滅の刃』お堂の鬼(声:緑川光)(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
TVアニメ『鬼滅の刃』待望の映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が2020年10月16日より公開される。主人公・竈門炭治郎は、人を喰らう“鬼”に家族を殺され、唯一生き残った妹も“鬼”にされてしまう……本作にとってすべての物語の元凶とも言える“鬼”とは一体どんな存在なのか?

そんな、鬼殺隊の敵“鬼”に焦点を当てて“鬼”の特徴や魅力、アニメでの見どころを大ボリュームでご紹介!
今回は、1話しか登場しない鬼にも、実はあのアニメの主人公役の声優が!? と話題になった豪華キャスティングや、鬼の特徴、炭治郎との戦いとを併せて振り返っていこう。



原作は、シリーズ累計発行部数8,000万部を突破した吾峠呼世晴による同名コミック。
2019年4月にTVアニメ化を果たすと、人と鬼の切ない物語、躍動感ある剣戟、個性豊かなキャラクターたちが人気を博した。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』では、TVアニメ最終話で描かれた無限列車に乗り込むシーンから繋がる物語が描かれる。

鬼ってどんな存在?

鬼は、特殊な刀である“日輪刀”で頸(くび)を斬ることでしか倒すことの出来ない存在。多少の傷であればたちまち治ってしまう驚異的な生命力を持つ。また、鬼たちの中には、“血鬼術”(けっきじゅつ)と呼ばれる、特殊な術を使う者たちも存在する。

炭治郎がはじめて遭遇した【お堂の鬼】


炭治郎がはじめて出会ったのは【お堂の鬼】。ある事件により鬼となり、身体能力が上がった禰豆子に蹴られて頭だけになるも、頭から直接腕を生やした状態で、炭治郎に襲い掛かる。しかし、鬼にも、日の光に当たることがないという弱点が。炭治郎は、朝陽に当たってお堂の鬼が消えることで、何とか危機を脱することに成功した。

お堂の鬼を演じた声優は緑川光。近年では、アニメ化もしたスマートフォンゲーム『あんさんぶるスターズ!』の天祥院英智役などを演じており、過去には『新機動戦記ガンダムW』のヒイロ・ユイ役や、『SLUM DUNK』の流川楓役など、クールな二枚目キャラを数多く演じてきた人気声優だ。

鬼殺隊で炭治郎の同期となる我妻善逸役の声を演じる下野紘は、TVアニメ2話にのみ登場した鬼に対しての豪華すぎるキャスティングに思わず、「正直意味が分かんない(笑)」と脱帽。コミカルでありつつ、炭治郎を恐れさせる説得力を持つ演技を絶賛していた。

鬼たちが使う特殊な術“血鬼術”にも注目【沼の鬼】【矢琶羽】【朱紗丸】【響凱】


鬼殺隊に入隊した炭治郎がとある町で、相次いで少女が消える事件を調査した際に遭遇した【沼の鬼】は、特殊な沼のような空間を自由に出入りすることができるという血鬼術を使っていた。
演じたのは、『ハイキュー!!』の木兎光太郎役などで知られる木村良平。



また、【矢琶羽】と【朱紗丸】という、一つ一つが致命傷を与えるような威力の毬を、自在に方向転換させて使う鬼たちも、炭治郎と禰豆子たちの前に立ちはだかった。矢琶羽役には『コードギアス 反逆のルルーシュ』のルルーシュ役を担当する福山潤、朱紗丸役には『ニセコイ』の鶫誠士郎役を演じた小松未可子と、こちらも錚々たる声優陣がキャスティングされた。



血鬼術を使う鬼の中でも、TVアニメ前半で炭治郎が苦戦した相手は【響凱】。身体から生えた鼓を鳴らすことで、屋敷内の部屋の位置や向きを変えたり、強力な斬撃を飛ばしたりすことが出来るという、強力な血鬼術で炭治郎を苦しめた。
響凱の声を演じたのは、諏訪部順一。『テニスの王子様』の跡部景吾役で知られるほか、同じく週刊少年ジャンプ連載作で10月からアニメ放送がスタートする注目作『呪術廻戦』で両面宿儺役を演じる。

次回は、累、無惨ら炭治郎の前に立ちはだかる強敵たちをプレイバック!

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、2020年10月16日より全国の劇場にて公開。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
公開日:10月16日(金)全国公開
TVアニメBlu-ray&DVD第1巻〜第11巻発売中

【スタッフ】
原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:外崎春雄
キャラクターデザイン・総作画監督:松島晃
脚本制作:ufotable
サブキャラクターデザイン:佐藤美幸・梶山庸子・菊池美花
プロップデザイン:小山将治
コンセプトアート:衛藤功二・矢中勝・樺澤侑里
撮影監督:寺尾優一
3D 監督:西脇一樹
色彩設計:大前祐子
編集:神野学
音楽:梶浦由記・椎名豪
主題歌:LiSA「炎」(SACRA MUSIC)
アニメーション制作:ufotable
配給:東宝・アニプレックス

【キャスト】
竈門炭治郎(かまど・たんじろう):花江夏樹
竈門禰豆子(かまど・ねずこ)※1:鬼頭明里
我妻善逸(あがつま・ぜんいつ):下野紘
嘴平伊之助(はしびら・いのすけ):松岡禎丞
煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)※2:日野聡
魘夢(下弦の壱)(えんむ・かげんのいち):平川大輔
※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

このニュースに関するつぶやき

  • 「年号が変わった」でお馴染みの手鬼役の子安武人さんがいないではないか。しかし声優と言い、作画と言い、とんでもなく金をかけてるな。この金は一体どこから出て…あっ…脱…(自主規制)
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 声オタの私。最初の鬼が緑川さんでこの作品を見続けようと決めたよ(笑)その後も鬼の声に注目しながら観ていました!主役級の人ばかり起用されていましたよねー。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

オススメゲーム

ニュース設定