傳谷英里香さん、シミュレーターを使ったバイク練習で闘争心に火がついた!

0

2020年09月19日 17:11  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

『傳谷英里香のGo for it!トライアスロン-Road to HONOLULU』
第38回●シミュレーターを使ったバイクのトレーニング

#37 傳谷さん、海でぶつかり合いながらタフに泳ぎきる

 傳谷英里香(でんや・えりか)さんが、トライアスロン完走を目指してトレーニング! 指導担当は、湘南ベルマーレ・トライアスロンチームのヘッドコーチで、アスロニア・トライアスロンアカデミーでもディレクター兼ヘッドコーチを務める中島靖弘コーチ。レッスンの第38回は、シミュレーターを使ったバイクのトレーニングについて学びます。




●世界中の人と刺激し合いながら、メニューに合わせてペダリングに集中する

中島靖弘コーチ(以下:中島コーチ)今回は、室内でのバイクのトレーニングについて説明します。これまでもローラー台を使った練習を何度かやりましたが、今日は「Zwift」(ズイフト)というサイクリングアプリを活用した練習をやっていきましょう。モニターにバーチャルのトレーニングコースが出ていますが、ペダルを漕いでそのコースを進んでいきます。

傳谷英里香(以下:傳谷)バーチャルのコースを見るのは初めてですね。

中島コーチ これまでのローラー台を使っての室内練習は、少し退屈じゃなかったですか?

傳谷 そうですね......自分との戦い、という感じではありました。

中島コーチ だから、映画を流しながらトレーニングをしたこともありましたね(笑)。

傳谷 それは楽しかったです(笑)。

中島コーチ ローラー台での練習も有効ですが、長くやると飽きてしまう人が多いので、時にはバーチャルの練習も取り入れると気分転換になると思います。オンラインでつながっていますから、世界中で同時にドレ―ニングしている人と競い合うこともできますし、練習仲間と時間を合わせて一斉に練習をスタートさせることもできますよ。では、実際にやってみましょう。

傳谷 よろしくお願いします!

中島コーチ 今回は最新の「キッカーバイク」という器具を使いますが、傳谷さんが普段使っているロードバイクをローラー台にセットして接続することも可能です。室内のバイクトレーニングの利点は、車や歩行者などを気にする必要がないこと。ペダルをきれいに回すこと、姿勢をよくすることなどに集中することができます。

 それではペダルを漕ぎ始めましょう。事前に組んでおいたプログラムがスタートしますが、少しハードにしたので頑張りすぎなくても大丈夫です。

傳谷「MORE POWER!」という表示が出ていますね(笑)。

中島コーチ もっと頑張ろうという意味ですね。画面に表示されているペダルの回転数を、毎分90回転くらいまで上げてみてください。回転数が目標に設定した数値の範囲内になると、画面上の数字が赤から黒に変わります。今は強度が高いメニューですが、軽く漕いでいいメニューと交互に組むことができるので、メリハリをつけた練習ができるんです。

傳谷 それだと長く頑張れる気がします。

中島コーチ あと、画面の右側には、リアルタイムで同じようなトレーニングを行なっている人の名前が出てきます。

傳谷 1090人もやっているんですか!? みんなも頑張ってるんだ(笑)。

中島コーチ 今、ひとりに抜かされてしまいました! 頑張って追いつきましょう。

傳谷 すごく速かったですね(笑)。練習の中でひとりは抜かしたいです!(その後も、トレーニングメニューを消化)

中島コーチ いつものローラー台とは違った器具を使って練習をしてみましたが、いかがでしたか?

傳谷 気温が高い夏もそうですが、暑くても寒くてもそれに左右されずに自分のペースで練習できるな、と思いました。あと、リアルタイムで同時にトレーニングしている人が画面で確認できるので、孤独感がないですし、闘争心もかきたてられました。メニューも組み込まれているので、ひとりで練習している時よりも頑張れるような気がします。

中島コーチ トレーニングの強度はどうでしたか?

傳谷 ちゃんとキツかったです(笑)。坂ではペダルの重さが変わりますし、漕いでいる感がすごくありました。しっかり疲れましたね。

中島コーチ 実際にロードで練習しているような感覚にもなりますよね。先ほど傳谷さんが言ったように、どんな天候でも自分がやりたいトレーニングができますから、今後も活用して強くなっていきましょう。

傳谷 わかりました! 積極的に活用して頑張ります!

(第39回につづく)

■プロフィール 傳谷英里香(でんや・えりか)
1995年11月2日生まれ、千葉県出身。2012年から2018年9月まで、アイドルグループ「ベイビーレイズJAPAN」のリーダーとして活動。現在は女優として、さまざまなジャンルに挑戦中。
2019年、TBS『世界ふしぎ発見』にミステリーハンターとして出演。同年10月から約1年間、TBS『炎の体育会TV』にレギュラー出演。同年4月には舞台「新・罪と罰」(東京芸術劇場)、8月には"体感型"ミュージカル「Fumiko」で舞台初主演。ABC「ランウェイ24」では、CA役として連ドラ初出演を果たす。2020年、日本テレビ「未満警察〜ミッドナイトランナー〜」に警察学校学生役として出演した。■公式Instagram ■公式Twitter

斎藤信隆、本間敢●ディレクター directed by Saito Nobutaka,Honma Isamu
竹下権優、板垣優天、江口裕祐●ムービー撮影 movie by Takeshita Chikara,Itagaki hirotaka,Eguchi Yusuke
八戸亜季子●ヘア&メイク hair&make-up by Hachinohe Akiko
松尾由美●スタイリング styling by Matsuo Yumi
彦坂雅俊●制作協力 cooperation by Hikosaka Masatoshi
衣装・用具協力/ミズノ、Specialized、湘南ベルマーレサイクルステーション(SBC)。SWANS、Kabuto

取材協力:アスロニアショップ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定