もはや観光スポット? 高知発・機械式地下駐車場「エコパーク」が特撮みたいでカッコいい

8

2020年09月19日 18:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真車が地下に吸い込まれていく...(画像はハチコ@YellowPigeonsさん提供)
車が地下に吸い込まれていく...(画像はハチコ@YellowPigeonsさん提供)

「高知の車系観光スポットの1つ
ここが好きじゃない男子はいないと思う」

あるツイッターユーザーによるこんな投稿が話題になっている。投稿されたのは、図書館や科学館の複合施設「オーテピア」(高知市)の敷地内に設置された地下駐車場。その利用シーンを撮影した動画が、注目を集めているのだ。

高知の車系観光スポットの1つ
ここが好きじゃない男子はいないと思う pic.twitter.com/SceqTYvuS0
- ハチコ (@YellowPigeons) September 5, 2020

映っているのは、円盤状の台に乗った水色の車。円盤は車ごと回転しながらゆっくり地下に沈み、姿を消してしまった。地下には別の車が収納されている様子が垣間見え、水色の車も同様に格納されたことが伺える。出庫の時も、下から回転しながら上がってくるようだ。

この動画はツイッターユーザーのハチコ(@YellowPigeons)さんが2020年9月5日に投稿したもの。ハチコさんによれば、この駐車場は自身で車を入庫した後、係員の操作によって車が地下に格納される様式。地上部分の一部が鏡張りになっており、収納される様子が外から見られるようになっていたという。


どこか少年心くすぐる地下駐車場の入庫・出庫シーン。特撮やアニメ作品に登場しそうなターンテーブルの動きに、ツイッターでは、

「男子じゃなくても好き」
「入庫して出てきたらマシンガン両サイドに付いて改造されてそう」
「ブザーとかSEつけたらさらにカッコよくなりそうw」
「これはどこかの秘密基地かなにかでしょうか(笑)。特撮作品に出てきそう(笑)」

といった声が寄せられている。

技研「子供たちの刺激になれば」

Jタウンネットは9月11日、この地下駐車場を作った技研製作所(本社:高知市)に詳しい話を聞いた。

「エコパーク」の内部(提供・技研製作所)

オーテピアに設置されているのは、機械式地下駐車場「エコパーク」。1994年12月に1号機が誕生したシステムで、オーテピアには開業前の2017年12月に竣工された。

技研製作所の担当者によれば、同施設に設置されたエコパークの地下収容スペースの深さは約14メートル、直径は約17メートル。

また、同施設のエコパークには車60台が格納可能。平置き駐車場であれば、同数の車を収納するのに1400平方メートル以上のスペースが必要だが、エコパークの地上スペースは入出庫ブース(45平方メートル)のみ。また入出庫に要する時間が「平均32秒」と迅速であることも特徴の一つだ。

「エコパーク」の地上部(提供・技研製作所)

地下イメージ(提供・技研製作所)

地下駐車場「エコパーク」は、「地上に文化を、地下に機能を」というコンセプトのもと開発された、と担当者。同じコンセプトで地下駐輪場「エコサイクル」もあるそうだ。その多くは地下内部を見ることができるよう、地上部に特殊ガラスを採用しているという。

担当者は、中の様子が見れるようになっている理由について、

「ただ駐車するだけでなく、機械が動く様まで楽しんでもらいたいです。また、名所・ランドマークになると同時に、高知発、日本発でこんなにすごい技術があると、世界中に知ってもらえればと思っています。特にオーテピア様は、図書館、科学館を有した学びの場であるため、訪れた子供たちの刺激になればと考えています」

と説明している。

オーテピアを利用した際は、ガラス越しにエコパークを覗いてみるのもいいだろう。技研製作所の担当者は、エコパークがツイッターで話題になったことについて、

「当社の技術を楽しんでいただき、また創業の地・高知で話題になったとのことで光栄です。高知発、日本発の技術として世界中に広げてまいります」

とコメントした。

このニュースに関するつぶやき

  • ま〜トンネル工事の技術を垂直式に活用すれば防水も大丈夫なんだろうな〜〜個人所有の車コレクターにはかっこいい駐車ボックスだろうな〜〜
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ……“ワンダバ”シーンがリアルで見れるのか…… https://mixi.at/aePVkw1
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定