リヴァプール、ジョッタの移籍金でウルヴスと合意か…若手DF+約41億円に

0

2020年09月19日 18:38  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真リヴァプールへの移籍に近づくジョッタ [写真]=Getty Images
リヴァプールへの移籍に近づくジョッタ [写真]=Getty Images
 リヴァプールは、ウルヴァーハンプトンに所属するポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタの獲得に近づいているようだ。19日、イギリスメディア『BBC』が報じた。

 報道によると、ジョッタとリヴァプールは、2025年6月30日までの5年契約を結ぶ模様。リヴァプールは、U−18代表DFキ・ヤナ・フーフェルの譲渡と移籍金3000万ポンド(約41億円)の支払いでウルヴァーハンプトンと合意したようだ。また、450万ポンド(約6億円)のボーナスも取引に含まれているという。

 現在23歳のジョッタは母国ゴンドマールSCの下部組織出身。パソス・デ・フェレイラを経て、2016年にアトレティコ・マドリードへの完全移籍を果たした。ウルヴァーハンプトンには2017年夏に期限付き移籍で加入し、翌2018年夏の移籍市場で完全移籍を果たした。

 ウルヴァーハンプトンではここまで公式戦131試合に出場して、44ゴール19アシストを記録。クラブのプレミアリーグ昇格やヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得、EL準々決勝進出などに貢献してきた。また、昨年11月にはポルトガル代表デビューを果たし、今月5日に行われたUEFAネーションズリーグのクロアチア戦では代表初ゴールを挙げ、チームの勝利に貢献している。
    ニュース設定