交際中の彼と同棲前に決めておくべきことはありますか?(32歳・公務員)

1

2020年09月19日 22:22  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真写真

お悩み:同棲前に話し合っておいたほうがいいことはありますか?

付き合い始めて1年の彼氏と、同棲をする予定……同棲前に話し合っておくべき内容や、同棲への心構えについてご説明します。

深雪さん(32歳、公務員)のお悩み

彼氏と付き合い始めて1年、そろそろ同棲をする予定です。今は住むエリアや部屋の間取り、家賃の希望などを話し合っているところです。

同棲は初めてなので、なにか事前に話し合っておいたほうがいいことがあれば教えてください。

回答者:島田佳奈さん

「本能のままに恋愛を楽しもう」がポリシー! 奔放な恋愛経験を元に語る“女豹”ライター。モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴ののち、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』他著作多数。奔放な恋愛経験と独自の恋愛観が好評。

アドバイス1:絶対に外せない話題はただ1つ!「お金」について

絶対に、これだけは事前に話し合っておくべきなのはただ1つ。お金周りのことだけです。

ほかのことは後からでも何とかなりますが、お金の話だけは別。お金のことで揉めてしまうと、取り返しがつかないくらい、2人の関係にヒビが入る可能性があります。たとえどんなに愛し合っていたとしても、です。

今はきっと、同棲についてあれこれ一緒に考えていて、気分もすごく盛り上がっているときですよね。このタイミングで、お金のことをはっきりさせておきましょう。

おおざっぱに決めるのではなく、しっかりと決めることが大切です。家賃はどっちが払うか、2人とも払うなら割合はどうするかなど、細々したところもきっちりと。

さらに重要なのが、「万が一、問題が起きた場合」のことも想定すること。たとえば、片方が仕事を辞めた場合や、別れて別居することになった場合のことです。

もちろん、完璧に想定できるわけではありませんが(病気で辞めた場合などは、程度によって状況が変わるので)、基本的な姿勢をすり合わせておくことは大切ですね。

アドバイス2:同棲スタートは、お互いにしっかり納得してから

お金のことだけでなく、ぜひ話し合っておくべき話題について、チェックリストを作ってみました。ぜひ参考にして話し合ってみてください。

本音で話し合い、ベストな着地点を見つけてから同棲することで、お互いに心地よく納得感のある暮らしが始まるはずです。

■将来について
・結婚についてどう考えているか
・お互いの親への事前挨拶についてどう考えているか
・同棲する期間を決めるかどうか

■お金について
・家賃費用の分担はどうするか
・家計負担の割合
・どちらかが無職になった場合どうするか(養えるか否か、その期間など)
・借金の有無(理由、金額含む)
・貯金の有無

借金の有無と、貯金の有無については、なかなか聞きにくいところですよね。

借金について聞くときのポイントは、借金は悪いことではないというニュアンスで聞くことです。「人は信用できる人にしかお金を貸さないものだよね。借金ができるのは、周りから信用されている証だと思う。ちなみに○○君は、借金はある?」という感じ。

貯金の有無について聞くときは、「貯金はどれくらいある? 答えたくないなら、答えなくていいよ」と、さりげなく踏み込んでみて。これで答えない人は、貯金ゼロだと思っておいたほうがいいかもしれません。

アドバイス3:結婚願望がある場合、同棲期間を決めたほうがいい

深雪さんは、結婚願望はありますか? もしあるなら、「彼はいつ結婚してくれるんだろう?」と思いながらダラダラと同棲するのは、つらいですよね。その場合は、同棲する期間を最初に決めておいたほうがいいです。

かつ、お互いの両親への紹介も済ませましょう。「将来の結婚を見据えたうえで同棲したい」と挨拶すれば、親からも信用されますしね。

同棲期間についての話は、もし自分で言いにくければ、親から提案してもらってもいいですね!

アドバイス4:「自分を大切にできる暮らし」を整えること

私も同棲経験はあります。むしろだいたいの人とは、付き合ったら一緒に住むタイプでした。

たいてい、最初は彼のほうが私の家に居着こうとするんですよね。それで嫌だなと思ったら、しっかり追い出していました(笑)。

「彼となら同棲してもいい」と思えた場合は、なし崩しでそのまま一緒に住むのではなく、きちんと話し合って、新たに2人で住む用の家を借りて同棲を始めていました。

本来、人間って楽な方向に流れやすいんですよね。別にそれでいいなら問題ないのですが、後から居心地の悪さを感じたり、不安になったりしたくないなら、けじめを大切にして、話し合いから逃げないことが大切です。

ときどき、「いろいろ要望を伝えたら嫌われてしまうかも」という不安から、彼氏に言いたいことを言えないという人もいますね。でも、恋人同士は本来、対等なもの。思ったことは率直に伝えていいのです。それで深雪さんのことを嫌うような相手は、同棲どころか将来を見据えてお付き合いをする価値はありません。

自分の本心を抑え込むのは、自分をないがしろにするということ。それでは毎日、心地よい同棲生活は送れないですよね。

彼氏と率直に何でも意見が言い合える関係になれば、結婚したとしてもきっとうまくいくはずです。

自分を大事にしつつ、同棲生活を楽しみ、2人の仲が深まればいいですね。最初が肝心なので、頑張って!
(文:All About 編集部)

このニュースに関するつぶやき

  • ここだよな。家事育児の負担は「平等」、満たさなければ「失格」なのに、交際時の出費や結婚費用、生活家計の負担は「割合どうする?」と来る。生活レベルは少ない方に合わせて、多い方は己の「余裕」で良いだろ、もう。
    • イイネ!3
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定