セントライト記念は夏の上がり馬2頭で決まり。血統も中山向きでバッチリだ

0

2020年09月20日 06:51  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

◆過去データを吟味。セントライト記念で高配当を呼ぶ3頭>>

 9月21日、中山競馬場でG競札鵐肇薀ぅ筏念(芝2200m)が行なわれる。




 同レースは、10月25日に開催されるG亀堂崗沺糞都/芝3000m)のトライアル戦。「春の実績馬」と「夏の上がり馬」の能力比較が大きなテーマになる。

 過去30年で1〜3着に入った計90頭の前走を見ると、31頭がG菊本ダービー(東京/芝2400m)からの参戦となっており、春の実績組が強いデータが残っている。だが、2勝クラス(旧1000万下)から参戦した馬も26頭、1勝クラス(旧500万下)からも10頭が馬券に絡んでいる。夏シーズンに古馬と戦った経験が生きるケースが非常に多いのだ。

 それらの馬の前走成績を見ると、必ずしも勝利しているわけではない。例えば2017年の勝ち馬ミッキースワローは、前走のいわき特別(1000万下、福島/芝1800m)3着からの参戦で勝利。同馬は今年、G尭経賞など重賞2勝を加え、G掬傾直沺春でも3着に入っている。

 今年の出走馬で筆者が気になるのは、2勝クラスを勝ち上がってきたココロノトウダイ(牡3歳/美浦・手塚貴久厩舎)だ。

 同馬は2歳時に未勝利(新潟/芝1800m)、きんもくせい特別(福島/芝1800m)を連勝。年が明けてからはG袈ζ営命杯(東京/芝1800m)で0秒8差の5着、G競好廛螢鵐娃咫蔽羯魁深1800m)で0秒9差の7着と重賞では上位争いできず、スプリングS後に骨折が判明した。

 しかし、復帰戦となった前走の猪苗代特別(2勝クラス、福島/芝2000m)は快勝だった。スプリングSから約3カ月半ぶりの実戦も、スッと好位につける行きっぷりを見せ、直線では叩き合いを制して抜け出し、2着に1馬身1/4馬身差をつけた。先行力としぶとい末脚が長所で、「中山/芝2200m」に合うタイプだ。

 血統を見てみよう。父はG菊本ダービー馬のエイシンフラッシュで、姉はG恵羯殻毒錬咾覆表転泯仮,離侫Д▲蝓璽櫂襯。伯母トゥザヴィクトリーはG汽┘螢競戰構王杯勝ち馬で、その産駒には重賞5勝、G詰馬記念3着2回のトゥザグローリー、G玉鐇絃泙両,素呂韮猫詰馬記念、G技月賞2着のトゥザワールドがいる。

 重賞勝ち馬が続出し、中山コースとの相性がいい名牝系で、中でも現4歳のリオンリオン(父ルーラーシップ)は昨年のセントライト記念を制している。また、エイシンフラッシュはルーラーシップと同じキングマンボ系と、父系にも共通点がある。同牝系馬によるセントライト記念連覇に期待したい。

 もう1頭、マイネルソラス(牡3歳/美浦・和田正一郎厩舎)を挙げておきたい。同馬は前走の利尻特別(1勝クラス、札幌/芝2000m)を勝ってここに臨む。そのレースは1勝クラスなので格は低いが、中団追走から早めに動いて押し切る内容は成長を感じさせるものだった。

 父は、中山開催の皐月賞、有馬記念をはじめ、G毅蕎,離粥璽襯疋轡奪廖さらに3代母ダイイチルビーはG軌妥諜念、G汽好廛螢鵐拭璽今咾鮠,辰震礁討澄このレースはゴールドシップの父ステイゴールド産駒の成績がよく、2009年ナカヤマフェスタ、2011年フェイトフルウォー、2012年フェノーメノで3勝。2015年には500万下を勝ち上がったばかりの10番人気ジュンツバサが3着に入って波乱を演出している。

 ゴールドシップ産駒は現3歳が初年度産駒で、このレースに産駒が出走するのは初めて。だが、ゴールドシップ自身も中山競馬場で好成績を残していたように、産駒がこのコースで実力を発揮する可能性は十分にある。マイネルソラスは昨年9月に中山芝1600m戦に出走して3着だったが、約1年越しの中山で、2200mの距離での激走に期待したい。

 以上、今年のセントライト記念は血統が魅力的なココロノトウダイ、マイネルソラスの2頭に期待する。

    ニュース設定