『仮面ライダーセイバー』内藤秀一郎&川津明日香、仲良し対談で裏話 菅田将暉のエールに感謝

4

2020年09月20日 09:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『仮面ライダーセイバー』に出演する(左から)川津明日香、内藤秀一郎 (C)ORICON NewS inc.
『仮面ライダーセイバー』に出演する(左から)川津明日香、内藤秀一郎 (C)ORICON NewS inc.
 9月6日からテレビ朝日系で始まった「仮面ライダー」シリーズ最新作『仮面ライダーセイバー』。主人公の仮面ライダーセイバー/神山飛羽真(かみやま・とうま)を内藤秀一郎(24)が演じ、ヒロイン・須藤芽依(すどう・めい)役を女優・モデルの川津明日香(20)が務める。ORICON NEWSは内藤と川津の対談を実施。オーディション合格の裏話に迫った。

【写真】まるで飛羽真と芽依? 仲良しぶりを見せる内藤秀一郎&川津明日香

■母の涙に感激 芸能界を目指したきっかけは学内ミスターコン

 歴代の仮面ライダーは現実社会を舞台に、人類の自由と平和を守るために戦ってきた。しかし、本作では次元を超えて、現実世界から異世界に飛び込んでバトルを繰り広げる。現実世界から消失した街の一部は“ワンダーワールド”という広大な異空間に出現。そこは、まるで本のページをめくるように展開していく不思議な世界。果てしない自然が広がり、空想上の生き物が飛び交い、凶暴な怪人たちが容赦なく襲いかかる。ワンダーワールドに飛び込んだ仮面ライダーは怪人を倒し、人々を元の世界に戻すために戦う。

 神山飛羽真は小説家であり、“ファンタジック本屋かみやま”の店主。本が大好きで、本のことを語りだしたら止まらない。ひょうひょうとしているが、熱い一面もあり、“約束”を何よりも大事にする。相手を否定せず、すべて肯定してあげる優しい性格の持ち主でもある。須藤芽依は小説家・飛羽真を担当する新人編集者。興味があるのは、楽しいこととSNSのみ。ギャルがそのまま社会人になったような性格。しかし、好奇心と行動力は誰にも負けないキャラクターとなっている。

 前半は内藤へのインタビューを実施した。

――前回のインタビューでは、祖父母に仮面ライダー決定を伝えたいと話していましたね。反応はいかがでしたか?

【内藤】伝えて、すごく喜んでもらえました。仮面ライダーはスターの登竜門。「もうスターだね」と言われましたが、僕はここがスタートだと思っているのでプレッシャーを感じましたね。これまでに出ていたドラマは深夜でもリアルタイムで見てくれていた。孫としては心配になっちゃうので、今回は日曜の朝9時から放送の仮面ライダーなので安心して観てもらえますね!

――ほかに印象に乗っている言葉はありますか?

【内藤】1番うれしかったのは、お母さんに報告した時です。「やっと夢が叶ったね」と泣いて喜んでくれました。お母さんは泣かないと思っていたので、泣いているのを見て自分も泣いちゃいました。

 高校3年生の時まで芸能活動に興味はなかったんです。お母さんが看護師で、元はその道に進もうと思っていました。3年で進路を決める時に急転換して親の反対も押し切って、何も言わずに都内に来ました。家出みたいな感覚で。優しいので応援してくれてはいたんですけど、やっと恩返しができたなと思いました。

――芸能活動を目指したきっかけは何だったんですか?

【内藤】高校生の時にミスターコンテストがあって、それで1年の時も2年の時も3年の時も1位だったんです。それで、チヤホヤされて(笑)。身長も高かったのでモデルをやりたいなと思いました。

――それで単身、東京に。すごい行動力ですね!

【内藤】怖かったですけど、毎日、同じことはできないなと思っていて。悩んだ末、なんとかなるだろうと思って東京に出てきました。

■ラジオでエールの菅田将暉に感謝 『ゼロワン』最終話の感想も

――踏み込んでみた芸能界の感想は?

【内藤】本当に大変な時期は、まだ迎えていないのかなと思います。重く考えないタイプなので悩み事や落ち込んだこともないですね。でも、年も24歳なので、いろいろ考えなきゃいけない年になるのかもしれないですね。

――これから先のイメージ像はありますか?

【内藤】イメージはできていないです。とりあえず今は『仮面ライダーセイバー』を頑張りたいと思っています。それ以降は来る作品、来る役は全部やりたいなと思います。そうやって続けていたら、いつか運命のような作品に出会っていけるんじゃないかなと。それまで芝居は続けて、その作品に出会った時にいい芝居ができるように自分を磨いていきたいです。

――菅田将暉さんもラジオでエールを送っていました

【内藤】本当にありがたかったです。でも、ラジオで話されていたお弁当の「ポパイ」って今は食べれなくなっちゃっていて…。僕は1回も食べたことないんです。でも、菅田将暉さんが自分の名前を呼んでくれたのが本当にうれしくて、何回も聞き直しちゃいました。「自分の名前を呼んでくれた!」って(笑)。ファンの方の気持ちがわかりましたね(笑)。

――『仮面ライダーゼロワン』最終話の感想はいかがでしたか?

【内藤】大人もスゴく楽しめるラストだったと思います。あれだけ、いろいろな人に愛された作品。次にやる『セイバー』も、あれだけ愛してもらるのかとか、『ゼロワン』のように最高の作品にできるのかとか、最近は主演としてプレッシャーを感じています。1話は最初なので芝居もボロボロで…。「不安なんだ」と(仮面ライダーゼロワン/飛電或人役の)高橋文哉くんに話したら「1話は何回も見るから大事に取っておいた方がいい。初心に戻れる。うまくできなかったのなら、今は変えられているのかの再確認にもなる」と教えてもらいました。

文哉くんは、もともと友だちなんです。仮面ライダーでは文哉くんは先輩で、1年やっているだけあって大人だなと思いました。顔つきも変わりましたね。落ち着いているし、頼りがいがあります。仮面ライダーを1年経験するだけで、こうなるのかって思いました。次に来る後輩に僕も同じようにしたいなって思いました。

――改めて飛羽真はどんなキャラクターに

【内藤】好きなものの説明や知らない知識や本を見た時に子どもみたいにまっすぐなんです。どんな小さな約束でも親身になって聞く熱い一面もあります。その延長線上に変身した時の強さがあると思っています。小説家ですし、最初は淡々とした人なのかと思ったら演じているうちに明るいし、絶対に人のことをバカにしない、まずは肯定してあげる優しい人間なんだと思いました。それでいて熱さも持つ男だなと思います。

――今後、飛羽真に、どんなキャラクターになってほしいですか

【内藤】飛羽真は本を集めたい。でも、ソードオブロゴスは本を1つに集めちゃいけない組織で、その中にいるから絶対に、いざこざはあると思う。飛羽真は自分の記憶をたどりながら、迷惑もかけるけど、その分、恩返しできる人間になってほしいです。最終的には、みんなが「本を集めていいよ」と言ってもらえるようなキャラクターになってほしいですね。

■内藤と川津の対談スタート オーディション合格発表のドッキリ裏話

 ここからは内藤と川津の仲良し対談スタート。

――製作発表会見でオーディション合格はドッキリで伝えられたと話していましたね

【内藤】マネージャーの方から『演技指導があるから、この日に来て。明日香もいるから』と連絡がありました。部屋に入ったらカメラがあることに2人で気付いたんです。なんであるのか聞いたら『表情を撮るから』と言われて2人とも信じちゃったんです(笑)。それで話が始まって、急にマネージャーがクラッカーをパンと。「明日香、『仮面ライダー』ヒロインおめでとう」と言いました。オーディションを受けているのを知っていたので最初は本当にうれしかったです。

でも、少し考えた後に「俺もオーディションの最終まで行っているし…」と思い、合否を待っていました。でも、一向に言ってくれなくて…。俺の方から聞いたら軽く「落ちました」と。受け入れられなくて何回も聞き直しましたね(笑)。

【川津】あの瞬間は、気まずくなりましたね…。

【内藤】マジか…、と思ったんですけど切り替えようと思いました。でも、受かった人と落ちた人を一緒に呼ぶマネージャーに少しだけイラッとしました(笑)。悔しすぎて帰りたくなったんですけど、マネージャーがもう1度クラッカーをパンと。そして「秀、仮面ライダーおめでとう」と言われて「えっ?」となりました。すぐに「しかも主演です」と言われて、頭が真っ白になりましたね。気付いたら、泣いてました。「よかったね」と言ってくれたんですけど、すぐにスケジュールの話になって浸る瞬間がなかなかなくて実感がなかったです(笑)。

【川津】マネージャーに抱きついてました(笑)。私もヒロインが決まった瞬間は、めっちゃうれしかったんですけど、喜びにくかったですね(笑)。その後に、3人でご飯に行く約束をしていたこともあって、さらに気まずくて…。マネージャーさんから誘うことはないので、珍しいなと思っていました。まさか2人も受かっているとは思っていなくて…。しかも同じマネ―ジャーですよ? 奇跡が起きた感じでした!

【内藤】本当に、そう。明日香ちゃんが決まった時点で無理だって思いましたね。本当に、まさかすぎました。

【川津】マネージャーさんと「どっちかでも受かればいいね」と。マネージャーさんは道路で内定の電話を受けた時に震えたそうです(笑)。

■ベルトを巻いて仮面ライダーを実感 互いの第一印象も明かす

――実感がわいたのは?

【内藤】顔合わせで真ん中に座って、隣に明日香ちゃんがいた時ですかね。大人もいっぱいいて…。しゃべり出すのも自分からでしたし。あとはフィッティングでベルトを巻いた瞬間ですね。「本物の仮面ライダーじゃん」と。みんな真剣にやっているので隠していたつもりですけど、ついついニヤニヤが止まらなかったです(笑)。

【川津】私は記者会見ですかね。いろいろな連絡が来たりして実感がわきました。あんなにフラッシュを浴びることはないですからね。

――2人はいつから同じマネージャーさんなんですか?

【内藤】同じ班になったのは1年前ぐらいですかね。その時にオーディションがあって「はじめまして」をしましたね。

【川津】その後に、ご飯に行きました。私は事務所に入ったばっかりだったので「あいさつしなきゃ」とバタバタしてましたね。正直、どう接すればいいかわからなかったです(笑)。でも、次の現場から、しゃべりかけていいよオーラがあって、優しい感じがしました。

【内藤】僕の明日香ちゃんの第一印象は、いつもニコニコしている明るい子ですね。それは今も変わらないですね

――撮影が始まって見えた新たな一面はありますか?

【川津】真剣な一面が見えました。普段は、おちゃらけているキャラクターなんですけど、現場ではスイッチが入りますね。

【内藤】ニコニコしているんですけど、(仮面ライダーブレイズ/新堂倫太郎役の)山口貴也とふざけあったりしていると見守ってくれるお姉さんっぽい一面もあるんだなと感じました。

■2号ライダー・山口貴也は天然? 優しさあふれる一面も

――撮影の時はどんな話を

【川津】『ゼロワン』の話をしていました。あとは、台本を読んで、どんなキャラクターなのかお互いに話をしてます。

【内藤】やっぱり最初はキャラクターがわからないので、こういうふうにキャラクターを作った方がいいとか話をしましたね。

【川津】「芽依は、もっとテンション上げていいかも」とか「ここは間を作らずに来たほうがいいかも」とかを話してます。今も空き時間とかで『セイバー』について話し合ってますね。

――そう考えると同じ事務所の利点は大きそうですね

【内藤】ありがたいですね。最初から深い知り合いがいるのは助かります。

――山口さんも2人が同じ事務所だったことで「すんなり仲良くなれた」と感謝していました。

【川津】初めて知りました! そうだったんですね(笑)。

――そんな山口さんの印象は?

【川津】お会いしたことがなくて、顔合わせで「はじめまして」でした。割と眼力があるし、男気ある顔をしているのでクール系かなと感じていました。元気な人とはしゃべりやすいんですが、寡黙な人だったらどうしようと思っていて…。そういう気持ちで本読みに挑んだら、かなり話しかけてくれて、しかも明るい感じでした。最初は3人のシーンの本読みだったので一緒に帰りながら話したら天然な雰囲気もあって、いいギャップでしたね!

【内藤】貴也はド天然です(笑)。でも、本当に優しいんです。アフレコで貴也が1時間前に終わって先に上がったと思ったら待っててくれた。「なんでいるの?」って聞いたら「楽屋に戻って1人だったら寂しくない?」って。めっちゃ優しくてほれそうでした(笑)。

――撮影現場も仲が良さそうですね!

【川津】話したい時に話して、集中したい時は集中しますね。年齢層が高い分、キャキャキャはないですけど仲はいいですね。

【内藤】明日香ちゃんはサバサバ系で、年は少し離れてますけどグイグイ来てくれるので話しやすいですね。

――改めて見どころを

【内藤】キャラクターが、それぞれめちゃくちゃ濃いです。埋もれないように僕は表情に気をつけてます。表情の上げ下げや、大きく動かしているので、そういうところを見てほしいなと思います。

【川津】だんだんシリアスなシーンが増えると思うんですけど、次のシーンでパッと明るくするのが芽依の役割かなと思うので、そこを見てほしいなと思います。

このニュースに関するつぶやき

  • 神山 セイバー 飛羽真 役の 内藤 秀一 くんはなかなかのヤンチャ系で、早速、写真誌にスッパ抜かれたようだけど、犯罪でなきゃ無問題��(OK) 1年間、しっかり主役を務めてくださいませ⚔
    • イイネ!3
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定