『約ネバ』出水ぽすか氏、『SPUR』表紙描く「エマとイザベラを掛けあわせたような女性」

13

2020年09月20日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真「SPUR」11月号の表紙 (C)SPUR 2020 年 11月号/集英社 (C)出水ぽすか/集英社
「SPUR」11月号の表紙 (C)SPUR 2020 年 11月号/集英社 (C)出水ぽすか/集英社
 人気漫画『約束のネバーランド』の作画担当・出水ぽすか氏が描いたイラストが、23日発売のモード誌『SPUR』(集英社)11月号の表紙を飾ることがわかった。

【写真】実写映画版のビジュアル公開!エマ役は浜辺美波、イザベラ役は北川景子

 表紙は、創刊31周年の節目にあわせ、「ガラスの天井を打ち破り、新世界にたどり着いたとしたら」がテーマで、出水氏が、しなやかな女性を躍動感あふれる筆致で表現し、モードの新しい可能性を鮮やかに示したものとなっている。また、表紙の女性がまとうカラフルな洋服は、エルメスの2020―21年秋冬コレクションで、漫画とモードとのポジティブな化学反応に注目が集まる。

 同誌の「POWER OF MANGA」と題した巻頭特集では、モードと漫画のコラボレーションが実現。出水氏(代表作『約束のネバーランド』)のほか、坂本眞一氏(代表作『イノサン Rouge ルージュ』)、咲坂伊緒氏(代表作『アオハライド』)、ジョージ朝倉氏(代表作『ダンス・ダンス・ダンスール』)、牧野あおい氏(代表作『さよならミニスカート』)、森本梢子氏(代表作『アシガール』)、ヤマシタトモコ氏(代表作『違国日記』)、やまだないと氏(代表作『西荻夫婦』)(五十音順)の計8名の漫画家が最新のモードファッションを描き下ろしている。

 表紙を描いた感想について出水氏は「新しいチャレンジができました! 普段あまり描くことがない、大人っぽくなおかつエネルギーもある女性を表現できたと思います。またカバーイラストであること、服の色が虹色であることから、明るさを大切にしました。『約束のネバーランド』でいうと、主人公のエマとイザベラを掛けあわせたような女性になったと思います」と説明した。

 なお、とじ込み付録は、巻頭特集「POWER OF MANGA」に参加する8人の作家の代表作をステッカーにした「MANGA ステッカー」。

このニュースに関するつぶやき

  • 欲しいな〜 さよならミニスカートの人復活いつかいな
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 格好いい服を書く漫画家と言ったら、荒木飛呂彦でしょ! あと悔しいけど、おされ先生も(久保TIT
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

オススメゲーム

ニュース設定