マリナーズ平野、1回無失点で4戦連続0封 無死満塁の大ピンチ凌ぎ3セーブ目

0

2020年09月20日 13:34  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真無死満塁のピンチを無失点で凌ぎ、安堵の表情を見せる平野(左)
無死満塁のピンチを無失点で凌ぎ、安堵の表情を見せる平野(左)
○ マリナーズ 4 − 1 パドレス ●
<現地時間9月19日 ペトコ・パーク>

 マリナーズの平野佳寿投手(36)が19日(日本時間20日)、敵地でのパドレス戦で今季10試合目となる救援登板。無死満塁の大ピンチを招くも無失点で切り抜け、今季3セーブ目をマークした。

 平野は3点リードの9回に4番手として登板。先頭からいきなり3連打を浴び無死満塁のピンチを招いたが、ベテラン右腕はここから冷静だった。7番・クロネンワースを2ボール2ストライクと追い込み、最後は宝刀・スプリットを打たせ投ゴロ。この打球を素早く処理すると、1−2−3の併殺が完成した。なおも二死二、三とピンチは続いたが、8番・プロファーを二ゴロ斬り。大ピンチを無失点で切り抜けた。

 平野は1イニングで19球を投じ、3安打を許しながらも無失点。4試合連続の無失点リリーフで防御率は2.70となった。

 マリナーズは投手陣が踏ん張り、6回1失点の先発・シェフィールドは4勝目(3敗)。連敗を4で止め、借金を6に減らした。
    ニュース設定