劇場版「鬼滅の刃」入場者特典は84Pの冊子「煉獄零巻」 煉獄の初任務を描いた新作漫画を収録

0

2020年09月20日 15:01  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

写真劇場版「鬼滅の刃」入場者特典は84Pの冊子「煉獄零巻」 煉獄の初任務を描いた新作漫画を収録
劇場版「鬼滅の刃」入場者特典は84Pの冊子「煉獄零巻」 煉獄の初任務を描いた新作漫画を収録

 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(10月16日公開)の入場者特典として、原作者描き下ろし漫画などを収録した、数量限定「鬼滅の刃 煉獄零巻」が決定。さらに、10月11日に開催される「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2020」での、声優トークショーも詳細が発表されました。


【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】


 「鬼滅の刃」は、シリーズ累計発行部数8000万部を突破した漫画が原作。2019年にTVアニメ化を果たすと、人と鬼との切ない物語に躍動感あふれる映像で描かれる鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、日本だけにとどまらず、世界各地から熱い視線が注がれました。


 TVアニメは、2019年9月末に放送された最終話で、主人公の竈門炭治郎とその仲間たちが、無限列車に乗り込むシーンで「竈門炭治郎 立志編」の物語が幕を閉じました。今作では、その無限列車を舞台に、炭治郎たちの新たなる任務が描かれています。


 今作で炭治郎や妹の禰豆子(禰豆子の「禰」は「ネ+爾」)らと共にこの任務に臨むのが、“炎柱”煉獄杏寿郎。入場者特典の「鬼滅の刃 煉獄零巻」は、彼の名前を冠した特製冊子で、鬼狩り専門の組織“鬼殺隊”の中でも、今や柱として、最強の剣士の一人となった煉獄杏寿郎の初任務を、原作者・吾峠呼世晴さんの描き下ろし漫画で紹介した内容となっています。


 さらに、原作で人気で、TVアニメの各話終了後の次回予告の演出にもなった「大正コソコソ噂話」の新録版のほか、劇場版のスタッフやキャストインタビューなども収録。84ページの大ボリュームとなっており、まさにファン必読の特製冊子。配布は、全国合計450万名限定となっています。


 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」公開直前の10月11日13時からは、「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2020」が開催されますが、今回はオンラインでの実施となっており、「鬼滅の刃」のパートでは豪華声優トークショーが行われます。炭治郎役の花江夏樹さんや禰豆子役の鬼頭明里さん、煉獄杏寿郎役の日野聡さんの3名が登場。


 当日はYouTubeのジャンプチャンネルで、トークショーの模様を配信予定ですが、アーカイブ配信なしの、ここでしか観ることの出来ないプレミアムなオンラインイベントとなっています。10月16日の公開まで1か月を切り、ますます加速する「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」。今後の最新情報にも注目です。


(c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
情報提供:東宝・アニプレックス


(佐藤圭亮)


    オススメゲーム

    ニュース設定