佐藤大樹×橋本環奈、胸アツ&胸キュンシーン満載の『小説の神様』あらすじ動画公開

1

2020年09月20日 18:00  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈がW主演を務める映画『小説の神様 君としか描けない物語』 (10月2日公開)の、『3分でわかる『小説の神様』あらすじ動画』が公開された。




ナイーブで売れない高校生作家・千谷一也(佐藤大樹)と、同じクラスの人気者で売れっ子小説家の小余綾詩凪(橋本環奈)という、真逆な2人が“一緒に大ベストセラーを生み出す”という共作ミッションに挑む本作。映像では、詩凪のドSな台詞&スネキックシーンや、無邪気に一也を褒める詩凪の笑顔など胸キュン必至のギャップシーンや、一也が詩凪への思いを打ち明ける真剣な表情。さらに、一也と詩凪が所属する文芸部の部長で、一也の良き理解者である九ノ里正樹(佐藤流司)が一也に向かってアツく語りかける男の友情を感じる名シーンや、文芸部の後輩・成瀬秋乃(杏花)が憧れの作家の一也に向かって初めて話しかけるシーンなどもあり、見応え十分の動画となっている。

E-girls鷲尾伶菜のソロプロジェクト「伶」による挿入歌『こんな世界にしたのは誰だ』の歌唱音源を“初解禁”。共感を抱き勇気をもらえるポップな応援ソングの主題歌『Call Me Sick』とはまた異なり、揺れ動く葛藤や不安、溢れ出す想いを感情たっぷりに歌い上げている。



    ニュース設定