佐藤二朗、香取慎吾との撮影で開始7秒のハプニング「俺についてこい!」のつもりが…

0

2020年09月21日 07:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

脚本家の三谷幸喜が手掛けるシチュエーションコメディ『誰かが、見ている』が9月18日より、世界240以上の国と地域でAmazon Prime Videoにて独占配信中。本作で、香取慎吾演じる主人公・舎人真一を書斎の穴から覗き見する隣人・粕谷次郎を演じているのが俳優・佐藤二朗だ。数々の喜劇で強い存在感を示す佐藤と三谷監督のコンビ――一体どんな輝きをみせるのだろうか。


■香取慎吾という俳優と一緒にやれることが一番の楽しみ


三谷監督と佐藤は、昨年9月に上演された舞台『愛と悲しみのシャーロック・ホームズ』で作品を共にしているが「ちょうど本番中に三谷さんから『シットコムの企画があるんだけれど、出てくれないか』と言われた記憶があるんです」とオファーを受けたときのことを回顧する。


役名が“じろう”ということもあり、三谷監督が佐藤をあてがきした役だと想像できるが「俳優の立場で言うと、あてがきされることって逆に難しい部分もあるんです。上手くいかないこともある。でも三谷さんはとても良いようにやってくれる。今回も、非常に面白くやりがいが感じられました」と台本を読んでその面白さに舌を巻いたという。



抜群に面白い三谷監督の脚本はもちろん、もう一つ佐藤が本作出演に、前のめりになった理由は香取慎吾という俳優の存在だ。「慎吾くんとは過去に何回か共演したことがあったのですが、とても素晴らしい俳優だと思っていたので、久々で今まで以上にガッツリ絡める立場、しかも三谷さんの信頼できる脚本でというのは本当に楽しみでした」。


■30分どんなことがあってもカメラは止まらない!


本作は、Amazon Prime Videoで配信される。世界240以上の国と地域での同時配信が決まり、三谷監督は当然、世界に向けた作品ということを意識しているという。「僕は昭和の人間で、昔は映画やドラマ、舞台というのが俳優の仕事場でした。でもいまは配信というスタイルがものすごく勢いがあります。どれがいいということではなく、互いの媒体が切磋琢磨していくことで、面白さも増すと思うので、僕はぜひ参加したいと言いました。お客さんを入れて一発撮りというのも、普通のドラマではない経験なので楽しいです」と配信というメディアに対しても前向きだ。

1話約30分。基本的に撮影がスタートすると、カメラは止まらない。舞台のようなスタイルだ。「三谷さんは『セリフを忘れようと段取りを間違えようと、カメラは止めません』と何度も言うんです。このメンバーのなかでは僕は年長者に入るので、現場では『俺についてこい!』というつもりで入ったのですが、1話目の開始7秒ぐらいでいきなりセリフを忘れてしまって……」とエピソードを披露した佐藤。



それでも撮影は続く。佐藤は「お客さんも気づいて笑っているのは分かっていました。僕は必死で『誰か俺にセリフを教えろ!』と叫んでしまい…。そんなことを含めて非常に面白かったですね」と撮影を振り返る。


■俳優から生まれたものを大切にする三谷演出


独特の撮影方法に、佐藤が「最高に面白い」という脚本。話を聞いているだけでもワクワクが尽きないが、三谷監督の演出はどんな感じなのだろうか――。


「演出家にもいろいろなタイプがいます。完全に演出だけをする人や、三谷さんのように自分で本も書き、演出もする人もいる。本も書いている人って、正解の音とかを分かってる気がするのですが、三谷さんはきっちりと『こうしてください』という部分もありますが、基本的に俳優から生まれたものを大事にしてくれます。だからやっていてとても楽しいです」。

一方で「稽古でやっていないことをいきなり本番でやることはあまり好きな人じゃないと思う」と感想を述べる。このことは佐藤にも共通しているという。


「作品によりますが、僕もまったく稽古やリハーサルでやっていないことを、本番でいきなりやることは好きじゃない。もちろん、舞台などでお客さんが盛り上がって、演者のグルーヴ感が増していくということはありますが…」と持論を展開する。


ぶっ続けでカメラを回すことで、視聴者も俳優たちの体温を感じることができる。その意味で、普通のドラマとは一味も二味も違う。



「僕も慎吾くんもすごく汗っかきなんです。普通のドラマだと、ワンカット終わると汗を拭くし、汗をかくシーンなら汗を足すわけです。でも今回はずっと撮っているので、そのままのリアルな汗や息遣いが映っている。そういうことを意識して観てもらえるとより臨場感が味わえると思います」。


芸達者な俳優たちが、舞台を所狭しと駆け巡りながら繰り広げる超絶コメディをぜひ堪能したい。



取材・文:磯部正和


Amazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』

2020年9月18日(金) Amazon Prime Videoにて独占配信

脚本/演出:三谷幸喜

出演: 香取慎吾、佐藤二朗、山本千尋、長野里美、宮澤エマ、夏木マリ

ゲスト出演:くっきー!(野性爆弾)、西田敏行、眦萓宏、寺島進、

稲垣吾郎、山谷花純、近藤芳正、松岡茉優、橋本マナミ、八嶋智人、

さとうほなみ、小日向文世、大竹しのぶ、新川優愛、小池栄子(登場順)

制作プロダクション:株式会社 ギークサイト、株式会社ギークピクチュアズ


(c)2020 Amazon Content Services LLC



    ニュース設定