コロナ禍で初のパラ陸上日本選手権、感染恐れ出場見送りの選手も…来夏の「TOKYO」開催占う試金石に

1

2020年09月21日 08:00  AERA dot.

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真フィールド競技は代表撮影になったため、グラウンドに入れないカメラマンは観客席から撮影(撮影/編集部・深澤友紀)
フィールド競技は代表撮影になったため、グラウンドに入れないカメラマンは観客席から撮影(撮影/編集部・深澤友紀)
 来年の五輪・パラリンピックへの試金石となる第31回パラ陸上日本選手権が無観客で開催された。入念に感染対策が取られる中で記録は好調。一方で、課題も見えてきたという。AERA 2020年9月21日号では、コロナ禍でのパラ陸上日本選手権を取材した。

【写真】囲み取材はアクリル板とマイクが用意される

*  *  *
 コロナ禍でスポーツ大会の延期や中止が相次ぐ中、9月5、6日に日本パラ陸上競技選手権が開かれた。日本選手権レベルの開催は健常者大会を含めても緊急事態宣言後初で、来年の五輪・パラリンピックに向けたモデルケースに、と注目された。

 埼玉県熊谷市で行われた大会では、注目の女子走り幅跳び・中西麻耶(阪急交通社)がアジア新記録を出すなど、世界新1、アジア新8、日本新17が生まれた。主催した日本パラ陸上競技連盟内部でも開催に慎重な意見があったが、走り高跳びの鈴木徹(SMBC日興証券)らアスリート委員から「やってほしい」と要望が出されたことが開催を後押しした。

■取材はアクリル板ごし

 障害がある選手の中には感染した際の重症化リスクが高い選手もいるため、感染予防対策として、選手や競技役員、メディアなど会場入りするすべての人に大会の2週間前からの体調管理と検温を義務付けた。選手らにはアルコール消毒液を1本ずつ配布し、選手が共有する用具はスタッフが消毒した。密を避けるため競技役員やボランティアを3割減らした。

 取材現場も様変わりした。記者は各社2人までと制限され、密になりやすい試合後の囲み取材は記者会見スタイルに。選手の前にはマイクとアクリル板が置かれた。取材対象選手は各日6〜7人と制限され、重症化リスクの高い選手は取材が見送られ、コメントが提供された。カメラ取材も原則としてグラウンドへの立ち入りは禁止され、投てきや跳躍などフィールド競技は代表者のみが近くで撮影し、各社に提供する形がとられた。

■今後は観客の有無焦点

 大会は無観客で行われた。これまで観客の手拍子で自らを奮い立たせてきた走り幅跳びの山本篤(新日本住設)は、5回目の跳躍の前に手拍子を求め、観客席にいた関係者数人が応じた。山本は「意外と少人数でも響いた。ファウルになったけど、手拍子があるとすごく気分が乗りました」と振り返り、「うまくやれば十分観客を入れてもできると思う」と運営側の判断に疑問を呈した。

 これに対し、パラ陸連の三井利仁理事長は「来年のパラリンピック成功に向け、エビデンスを求めるための第一歩。全てをやると問題点がどこなのか見えなくなってしまうので、まずは競技に集中したかった」と、無観客にした理由を説明。観客の有無は今後も焦点になる。

 記録続出で、選手が自粛期間中も工夫して練習を続けてきた様子がうかがえた。パラ陸連の増田明美会長は「これだけの記録が出たのは選手のありがとうの気持ちの表れ」と話し、選手からも開催への感謝が語られた。

 一方で出場を見送った選手や欠場した選手も多数いた。「感染を恐れて参加を見送ったとみている」と指宿立強化委員長。日本知的障がい者陸上競技連盟の奥松美恵子理事長は「単独で行動できない選手も多く、保護者が福祉や介護の仕事をしていて遠征に連れていけないことがある」と話し、介助の必要な選手がいる障害者スポーツならではの課題も浮き彫りになった。

 来年夏に向け熱中症対策も焦点だ。素早く体温を下げるアイスバスを初めて設置し、1人が利用した。パラ陸連強化委員会の上條義一郎・暑熱対策専門員は「障害の影響で汗をかきにくかったり、水分摂取を制限したりする選手もいる。障害は多様なので個別の対応が必要です」。

 開催できたからこそ、課題も見えてきた。経験を積み重ねた先に来年の成功がある。(編集部・深澤友紀)

※AERA 2020年9月21日号

    ニュース設定