うほほー何これ? 船が線路を走ってる…!?!? ポーランドの豪快「インクライン」に乗りものファン大興奮

7

2020年09月21日 19:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真でっかい船が“線路”を走っている……なぜ?
でっかい船が“線路”を走っている……なぜ?

 大きな船が陸に上がり……そして線路をそのまま走っていく! うほほー! なかなか見られない「インクライン」の様子が豪快でワクワクします。



【動画】豪快インクラインの様子



 ここはポーランドのエルブロンク運河。インクラインとは、斜面にレールを敷いて台車で貨物や船を運ぶ装置・設備です。レールと車輪を使うので見た目は鉄道、でもそこを走るのは「船(!)」という、初めて見るとギョッとびっくりする光景が見られます。エルブロンク運河には船を運ぶためのインクラインが5カ所あるそうです。



 運河からやってきた船を、ウインチで巻き上げて陸の線路に載せます。船はここから陸の線路上をケーブルカーのような駆動設備で移動して小高い丘を登り、その先の水路まで移動する流れです。



 この設備で、船は陸を乗り越えます。水路が分断されるので人や荷物を下ろして別の船に乗せ替えて……ではなく、「ええい、それなら船ごと運んでしまえ」と。そんな豪快さがたまりません。



 とてもダイナミックな方法に「船好きとケーブルカー好きにはたまらない」「ここはぜひ一度行ってみたい」などのコメントもたくさん。ちなみに日本にもインクラインはいくつか存在し、京都の「蹴上インクライン」は1948年まで琵琶湖疎水を往来する船を運んでいました。



 エルブロンク運河では観光クルーズ船も運行。それに乗れば、インクラインを船内で体験できるそうです。船にいながら乗り鉄気分、ポーランドへ行ったならばぜひ体験してみたいですね。


このニュースに関するつぶやき

  • 「船頭多くして船山に上る」ですかな。イタリア軍は野を超え山越え谷超えて、はるばるソ連-フィンランドに接するラドガ湖まで魚雷艇を運んだんだよ。寒いから乗員はさっさと帰国しました
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • ����親日🤝「波蘭」》(*^o^)/\(^-^*)
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

前日のランキングへ

ニュース設定